How to? うつ病になった時のお金事情

第1回傷病手当金って何?

傷病手当金とは病気やケガにより仕事を休むことになってしまった場合に、健康保険からも手当金をもらえる制度です。
うつ病にも適応されており、休んだ日に対して通常の給与の約3分の2がもらえる制度となっており、有効に利用することで安心して治療に専念することができます。
そのためにも支給条件はきちんと確認しましょう!

傷病手当金が受けられる条件は何?

傷病手当金は次の4つの条件をすべて満たした場合にのみ支給されます。まずは自分の条件を確認しましょう!

  1. 1.療養中であること
  2. 2.労務に服するができないこと
  3. 3.4日以上仕事を休むこと
  4. 4.会社から給料が支払われていないこと

もらえる手当金の金額はどうやって決まるの?

傷病手当金は「1日単位」で計算します。
1日単位の金額に支給日数をかけて支給額を計算します。
傷病手当金の支給額は標準報酬月額を元に計算されており、標準報酬月額とは会社が年金事務所に届け出る従業員ごとの一カ月の給料の平均となります。
傷病手当金の金額を正確に計算するには標準報酬月額を確認しましょう。
標準報酬月額は変更がある毎に、事業主に通知されることになっていますので、会社の事務担当者に標準報酬月額を確認してみましょう。

支払期間はどのくらいなの?

傷病手当金は待期期間が決定し、最初に傷病手当金の支給を受け始めた日から1年6か月を限度に支給されます。
途中で仕事に復帰したとして、同じ病気が引き続いている場合、
再度病気欠勤した日から1年6か月を計算するわけではありません。
また1年6か月分の日数で計算するのではなく、暦の上で1年6か月を計算することにも注意してください。

傷病手当金の申請の流れと期限について

病気の発生
病気であることがわかったら医師や看護師に治療にかかる期間や金額の確認をしましょう。期間が長くなりそうであれば傷病手当金の申請が考え、医療費が高くなれば高額療養費という健康保険の給付金の申請をすることも検討すべきです。そのためにも治療にかかる期間や金額はあらかじめ聞いておきましょう。
また、もしも治療が長期間にわたる場合には、医師に傷病手当金の申請書に証明を書いてもらえるか確認しておきましょう。

会社に報告
会社に長期間の欠勤が必要になったことを伝えましょう。欠勤の期間によっては欠勤日に有給休暇を使用することも考えられますが、有給休暇を使用するならば傷病手当金の支給対象にはならないので、傷病手当金の申請はできません。
欠勤日に有給休暇を使用するのか、それとも傷病手当金の申請をし健康保険から給付金をもらうのか、会社と相談して決めることをお勧めします。

申請書の
準備
全国健康保険協会(保険者)で申請書をもらうか、ホームページから印刷し、申請書を準備します。各都道府県によって違いますが、年金事務所の窓口や商工会議所・商工会に申請書を設置しているところもあるようなので調べてみましょう。全国健康保険協会の窓口に取りに行くことも、ホームページから印刷することができない場合には全国健康保険協会(保険者)に電話で確認してみるといいでしょう。

事業主の
証明
傷病手当金支給申請書の中に事業主証明欄がありますので、会社でその証明欄に会社を休んでいることと給料が支払われていないことの証明をしてもらいます。この事業主の証明欄についても申請期間が経過してから証明をもらう必要がありますのでご注意ください。

事業主の
証明
全国健康保険協会(保険者)に傷病手当金支給申請書を提出します。
申請書の提出は全国健康保険協会の各都道府県支部に直接書類を提出するか郵送で送付する方法があります。
近くに全国健康保険協会の窓口があれば直接提出できますが、窓口まで遠かったり入院中であったりする場合には郵送の方をお勧めいたします。