うつ病のお薬データベース

うつ病の治療に使用されているお薬には、様々なものがあります。
お薬データベースは「この薬大丈夫?」におこたえします。

66件中、26~50件を表示

テグレトール、レキシン(GE)、カルバマゼピン「アメル」(GE)

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
カルバマゼピン
区分
向精神作用性てんかん治療薬・躁状態治療薬

適応症

けいれん発作、てんかん、三叉神経痛、精神運動発作、統合失調症、興奮、躁状態、躁病

作用

脳神経の興奮を鎮めることで、てんかん発作の予防や、気分の高ぶりを抑え落ち着かせる作用があります。また、顔の知覚を伝える三叉神経の痛みの緩和に使われます。

テシプール

抗うつ剤

成分名
セチブチリン
区分
四環系抗うつ薬/第二世代

適応症

うつ状態、うつ病

作用

脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンの量を増やし、神経の伝達を高めます。ノルアドレナリンが増加すると意欲が高まります。パキシルやルボックス、デプロメールと併用されることもあります。

テシプール、セチプチリンマレイン酸塩(GE)、ビソプール(GE)

抗うつ剤

成分名
セチプチリン
区分
NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異性セロトニン作動性抗うつ薬)/四環系抗うつ薬/第四世代

適応症

うつ状態、うつ病

作用

意欲を高める働きのノルアドレナリンと、気分を落ち着かせる働きのセロトニンの遊離量を増やし、脳内における神経伝達を増強する働きを持っています。この働きにより、うつ病・うつ状態において、意欲を高めるとともに、気分を落ち着かせ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。

テトラミド

抗うつ剤

成分名
ミアンセリン
区分
NaSSA(ノルアドレナリン作動性・特異性セロトニン作動性抗うつ薬)/四環系抗うつ薬/第四世代

適応症

うつ状態、うつ病

作用

意欲を高める働きのノルアドレナリンと、気分を落ち着かせる働きのセロトニンの遊離量を増やし、脳内における神経伝達を増強する働きを持っています。この働きにより、うつ病・うつ状態において、意欲を高めるとともに、気分を落ち着かせ、不安、いらいら、不眠などの症状を改善します。

デパケン、セレニカ、バルプロ酸ナトリウム(GE)、エピレナート(GE)、バレリン(GE)、サノテン(GE)

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
バルプロ酸
区分
抗てんかん薬・躁状態治療薬

適応症

てんかん、不機嫌、易怒性、片頭痛発作、躁状態、躁病

作用

脳神経の興奮を抑える抑制性神経伝達物質GABA(ガンマアミノ酪酸)濃度を高めるほか、ドパミン濃度を上昇させ、セロトニン代謝を促進し、脳内の抑制系を活性化させることで、抗てんかん作用を示します。また、GABAの神経伝達作用を促進することで、抗躁作用を持つと考えられています。

デパス、エチゾラム(GE)、セデコパン(GE)、デゾラム(GE)、ノンネルブ(GE)、パルギン(GE)

抗不安薬

成分名
エチゾラム
区分
チエノジアゼピン系抗不安薬/短時間型(6時間以内)

適応症

うつ病、けい椎症、不安、抑うつ、睡眠障害、神経症、筋肉のこわばり、緊張、腰痛症

作用

脳内の神経受容体であるベンゾジアゼピン受容体に作用し、不安や緊張を和らげ、睡眠を誘います。また、筋肉の緊張をほぐす作用があります。安全性が高く、耐性や依存も少ない抗不安薬です。

トピナ

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
トピラマート
区分
抗てんかん薬

適応症

てんかん

作用

脳神経の過剰な興奮を鎮めるとともに、てんかん発作のきっかけとなるAMPA/カイニン酸型グルタミン酸受容体の機能を抑制することで、てんかんの部分発作を抑えます。

トフラニール、イミドール

抗うつ剤

成分名
イミブラミン
区分
三環系抗うつ薬/第一世代

適応症

うつ状態、うつ病、遺尿症

作用

脳内の神経伝達物質のセロトニンおよびノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで量を増やし、神経の伝達を高めます。ノルアドレナリンが増加すると意欲が高まり、またセロトニンが増加すると不安感が和らぎ、気分が楽になります。また、子どもの心身症的な原因による尿失禁(遺尿症)の治療にも用いられます。

ドラール、クアゼパム(GE)

睡眠導入薬(睡眠薬)

成分名
クアゼパム
区分
ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬/長時間型(24時間以上)

適応症

不眠症、麻酔前投薬

作用

脳内のベンゾジアゼピン受容体に作用し、覚醒系を抑え、睡眠に関係する神経系を刺激して、催眠鎮静作用を示します。入眠障害のほか、早朝覚醒や夜間に何度も目が覚めてしまう熟眠障害に向きます。

トリプタノール、ノーマリン

抗うつ剤

成分名
アミトリブチリン
区分
三環系抗うつ薬/第一世代

適応症

うつ状態、うつ病、夜尿症

作用

脳内の神経伝達物質のノルアドレナリン、セロトニンの再取り込みを阻害することで量を増やし、神経の伝達を高めます。ノルアドレナリンが増加すると意欲が高まり、またセロトニンが増加すると不安感が和らぎ、気分が楽になります。また、夜間の尿の回数を減らす作用もあります。

トレドミン

抗うつ剤

成分名
ミルナシブラン
区分
SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬))/第四世代

適応症

うつ状態、うつ病

作用

脳内の神経伝達物質のノルアドレナリンは意欲を高め、セロトニンは気分を落ち着かせる働きがあります。この薬はノルアドレナリントランスポーターとセロトニントランスポーターにだけ結合し、分泌されたノルアドレナリンおよびセロトニンの再取り込を阻害することで、脳内のシナプス間隙におけるそれらの濃度を高め、神経の伝達を高めます。これにより、抗うつ作用や抗不安作用を示します。他の受容体には作用しないので、副作用の少ない抗うつ薬とされます。

ノリトレン

抗うつ剤

成分名
ノルトリブチミン
区分
三環系抗うつ薬/第一世代

適応症

うつ状態、うつ病

作用

脳内の神経伝達物質のノルアドレナリン、セロトニンの再取り込みを阻害することで量を増やし、神経の伝達を高めます。ノルアドレナリンが増加すると意欲が高まり、またセロトニンが増加すると不安感が和らぎ、気分が楽になります。

パキシル、パロキセチン(GE)

抗うつ剤

成分名
バロキセチン
区分
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)/第三世代

適応症

うつ状態、うつ病、パニック障害、外傷後ストレス障害、強迫性障害、社会不安障害

作用

脳内の神経伝達物質セロトニンは気分の調節に働きます。神経終末からシナプス間隙に分泌されたセロトニンのうち、余剰なセロトニンはセロトニントランスポーターにより神経終末に再取り込みされます。この薬は、このセロトニンの再取り込みを阻害することで、脳内のシナプス間隙のセロトニン濃度を高め、神経の伝達を高めます。これにより、抗うつ作用や抗不安、抗パニック障害作用を示します。セロトニントランスポーターだけに働くため、副作用の少ない抗うつ薬とされます。

ハルシオン、ハルラック(GE)、トリアゾラム(GE)、アスコマーナ(GE)、カムリトン(GE)

睡眠導入薬(睡眠薬)

成分名
トリアゾラム
区分
ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬/超短時間型(6時間以内)

適応症

不眠症、麻酔前投薬

作用

脳のベンゾジアゼピン受容体に作用して、寝つきをよくします。比較的安全性が高く、効き目もよいことから、不眠症の治療の際には、初めに使われることの多い睡眠導入剤です。

ピーゼットシー

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
ペルフェナジン
区分
定型抗精神病薬(フェノチアジン系)

適応症

メニエル症候群(眩暈、耳鳴)、嘔吐、悪心、統合失調症

作用

脳内の神経伝達物質ドパミンおよびセロトニンの受容体を遮断する作用があり、不安や緊張を和らげます。手術前後の吐き気や嘔吐、メニエル症候群で起こるめまいや耳鳴りの症状を改善します。

ヒルナミン、レボトミン、レボメプロマジン(GE)、レボホルテ(GE)

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
レボメプロマジン
区分
定型抗精神病薬(フェノチアジン系)

適応症

うつ病、不安、統合失調症、緊張、躁病

作用

脳内の神経伝達物質(主にドパミン)の受容体を遮断することで、幻覚や妄想、概念の統合障害、躁状態、強い不安感や緊張感などの精神状態を安定させる作用があります。強力な精神安定薬で、特に不安感や興奮状態を鎮める作用が高く、睡眠作用も強いです。

プロチアデン

抗うつ剤

成分名
ドスレビン
区分
三環系抗うつ薬/第二世代

適応症

うつ状態、うつ病

作用

脳内の神経伝達物質のノルアドレナリン、セロトニンの再取り込みを阻害することで量を増やし、神経の伝達を高めます。ノルアドレナリンが増加すると意欲が高まり、またセロトニンが増加すると不安感が和らぎ、気分が楽になります。

ベタナミン(GE)

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
ペモリン
区分
中枢神経刺激薬

適応症

うつ病、傾眠、抑うつ神経症、睡眠発作、精神的弛緩

作用

脳の神経を活性化させ、精神活動を高めます。うつ病において他の抗うつ薬の効き目が悪いときに使用します。また、ナルコレプシーなど傾眠疾患に対して、覚醒作用、全般的精神賦活作用、大脳皮質の賦活作用と脳幹の鎮静作用を示します。

ベンザリン、ネルボン、ネルロレン(GE)、ニトラゼパム(GE)

睡眠導入薬(睡眠薬)

成分名
ニトラゼパム
区分
ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬/中間型(12~24時間以内)

適応症

けいれん発作、不眠症、麻酔前投薬

作用

脳内のベンゾジアゼピン受容体を介してGABA(ガンマアミノ酪酸)の働きを促進させ、神経活動を抑制することにより、不安や緊張を和らげたり、睡眠を促します。寝つきの悪いときや、夜中に何度も目が覚めてしまう人に向きます。けいれんを抑える作用もあります。

マイスリー、ゾルピデム酒石酸塩(GE)

睡眠導入薬(睡眠薬)

成分名
ゾルピデム
区分
非ベンゾジアゼピン系(イミダゾピリジン系)睡眠導入薬/超短時間型(6時間以内)

適応症

不眠症

作用

脳のベンゾジアゼピン受容体に作用して、寝つきをよくします。比較的安全性が高く、効き目もよいことから、不眠症の治療でよく使われる睡眠導入剤です。

メイラックス、スカルナーゼ(GE)、ロンラックス(GE)、ジメトックス(GE)、ロフラゼプ酸エチル(GE)

抗不安薬

成分名
ロフラゼブ酸エチル
区分
ベンゾジアゼピン系抗不安薬/超長時間型

適応症

不安、抑うつ、易疲労性、睡眠障害、緊張

作用

脳内の神経受容体であるベンゾジアゼピン受容体に作用し、抑制性神経伝達物質GABA(ガンマアミノ酪酸)の作用を強めることによって、気持ちを落ちつかせたり、緊張や不安を和らげます。比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くない抗不安薬です。

メレックス

抗不安薬

成分名
メキサゾラム
区分
ベンゾジアゼピン系抗不安薬/長時間型(24時間以上)

適応症

不安、強迫、恐怖、抑うつ、易疲労性、睡眠障害、緊張

作用

脳内の神経受容体であるベンゾジアゼピン受容体に作用し、不安や緊張などを和らげます。比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くない抗不安薬です。

メンドン

抗不安薬

成分名
クロラゼプ酸
区分
ベンゾジアゼピン系抗不安薬/長時間型(24時間以上)

適応症

不安、抑うつ、焦躁、緊張

作用

脳内の中枢神経に作用し、不安や緊張を和らげます。比較的安全性が高く、依存性もそれほど強くない抗不安薬です。

ユーロジン、エスタゾラム(GE)

睡眠導入薬(睡眠薬)

成分名
エスタゾラム
区分
ベンゾジアゼピン系睡眠導入薬/中間型(12~24時間以内)

適応症

不眠症、麻酔前投薬

作用

ベンゾジアゼピン系の睡眠誘導剤で、中枢神経に作用し、寝つきをよくし、睡眠を持続させます。

ラミクタール

気分安定薬(精神安定剤)

成分名
ラモトリギン
区分
抗てんかん薬

適応症

抑うつ、躁状態

作用

興奮性神経伝達物質の遊離を抑制して神経の過剰な興奮を抑え、双極性障害(躁うつ病)における気分の変動を抑えたり、けいれん発作を起こしにくくします。