女性のためのうつサポート講座

出産後のうつ vol.01

img_yonkoma02

img_hitokoma02

C子さんは友人の勧めで、再度、産婦人科に紹介された精神科を受診し、初めて「産後うつ」と診断されました。
産後うつは、基本的にうつ病と同じです。ホルモンバランスの変化や環境が大きく変わること、育児の疲れなどさまざまな原因が重なって起こるもので、育児が原因で疲れている状態とは大きく異なります。産後数週間~数ヵ月で発症し、何年も長引くこともあります。
産後うつ病になると、「子どもをかわいく思えなくて罪悪感を感じる」「自分は母親失格だと思う」というような気分の落ち込みが出てくることもあります。このような考えが長く続くときは、勇気を出して、専門家に素直な今の気持ちを伝えてみて下さい。これは、本人のせいではなく、うつという病気の症状なのですから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加