女性のためのうつサポート講座

育児中のうつ vol.02

6-ikuji1

img_hitokoma06

周りにサポートがなく、夫も忙しい場合の育児、特に乳幼児の世話は、大変に孤独な労働です。いくら子どもが可愛くても、意思が通じない相手とずっと2人きりで向き合う生活は、想像以上に孤独でストレスが溜まるものです。地域の子育て広場で仲間を見つけたり、保健士に相談したりできれば良いのですが、引っ越しなどで環境が変わると、地域の事情がわからず、相談できる人もいなくなって孤立してしまうケースもあります。
育児は、たった一人ではできないもの。2人きりの密室育児にならないために、一人で抱え込まずに頼れるものは何でも頼り、子どもと離れる時間をとりましょう。
F子さんは、病院で育児ノイローゼと診断されました。夫は忙しくサポートは期待できず、疲労感などの身体症状も強かったため、東京の実家に戻り、両親の援助を受けながらゆっくり休養できる環境を作り、回復を目指しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加