親のためのうつサポート講座

子供のうつに気付くために

うつ病は誰の病気?

なんとなく、うつ病は大人の病気である、と考えていませんか? 対人関係だけでなく、周囲からのプレッシャーや社会的なストレスを抱えがちな大人ほど、うつ病になりやすいイメージがあるかもしれません。一般社団法人の日本産業カウンセラー協会によるアンケート調査では、アンケートモニターに応募したうつ病を患っている人のうち、およそ8割が30~59歳の人でした。やはりうつ病は大人の病気である、というイメージを裏付ける結果のようにみえます。
ところが、近年では青少年にもうつ病が広まりつつあるのです。20代を控えた「大人予備軍」だけではなく、まだ10代前半の子供たちにまで、うつ病の手は伸びているのです。
子供のうつ病は「小児うつ病」と呼ばれており、大人のうつ病とは異なった病態がみられます。
大人とは違い、子供は自分の気持ちや考えをきちんと言葉にすることができません。また、身体の不調や気分の落ち込みを、大人とは違った感覚で捉えています。
子供の悩みや苦しみを大人の目線で理解しようとしても、なかなか噛み合いません。大したことがないと軽んじてしまったり、仮病だと誤解してしまうこともあるでしょう。そうしたすれ違いのひとつひとつが、子供の心に「自分のことを理解してくれない」という思いを生じさせてしまっているのです。
まずは、子供には子供の悩みや苦しみがあり、うつ病にかかってしまうことものあるのだと知ることが、子供のうつに気づくためには大切なことです。

大人とは違う小児うつ病の病態

小児うつ病では、いくつかの典型的な症例がみられます。一般的なうつ病と共通する部分も多い反面、小児うつ病に特有の症状もあります。

  • 抗いがたい悲しみや無力感に襲われる。
  • 抗いがたい苛立ちを覚え、過剰な攻撃性を示す。
  • 強い退屈感を訴える、興味や関心を失う。
  • 著しい食欲の増減、それに伴う体重の増減。
  • 睡眠障害を患う。
  • 自殺を考えたり、突発的に自殺しようとする。

悲しさや辛さを感じ、そこから回復できなくなる状態は一般的なうつ病と似通っています。また、興味や関心の喪失、食欲の増減、睡眠障害、死ぬことを考えるようになる希死念慮など、共通する部分は少なくありません。
特徴的といえるのは、多くのケースで子供たちが「苛立ちを覚えている」という点です。悲しい気分や辛い気分から深く沈み込んでしまう一般的なうつ病と異なり、小児うつ病ではイライラを募らせ、周りに当たり散らすようになるケースが多いのです。
また、この「イライラ」が小児うつ病を知らせる最初の兆候になる場合もあります。理由なく突然に子供がイライラし始め、それが継続するようであれば、小児うつ病を疑うことも大切です。
もちろん、急に気分が不安定になったり怒りだすことは、子供にとっては日常茶飯事です。普段から怒りっぽい性格の子供であれば、突然イライラすることもめずらしくはないといえます。そのため、常日頃から苛立っているからといってすぐに小児うつ病だと決めつけてしまっては状況を誤認する恐れがあります。却って事態を悪化させてしまうかもしれません。
大人の目線からみて、子供が小児うつ病かもしれないと不安になってしまうようなことがあるならば、まずは関連の専門機関に相談してみましょう。専門家のアドバイスを仰ぎ、必要であれば医療機関での診断を受けさせることで、状況をより正確に把握することができます。

小児うつ病の原因

うつの原因についてはまだわかっていない部分も多く、断定することができません。小児うつ病も同様で、何がきっかけで子供がうつを抱えてしまうようになるのか、明らかになっているわけではありません。
ですが、大人のうつ病も子供のうつ病も、ストレスがきっかけである場合が多く、子供にとって多大なストレスとなるような出来事が小児うつ病の一因ではないかと考えられています。特に子供の場合、周囲の環境が激変する事態に強いストレスを感じる傾向があります。
たとえば、

  • 進学やそれに伴う受験、転校
  • 学校でのいじめ
  • 両親の離婚、死別
  • 親や教師からの叱責

などです。

進学や受験、転校は、それまでの環境を大きく変えてしまう恐れのある要因です。慣れた環境には心地良さを感じ、初めての環境には緊張やストレスを感じるというのは、大人でも子供でも同じです。人生経験がまだ浅い子供にとっては、進級に伴うクラス替えにも耐え難い苦痛を感じ、うつ病になることがあります。大人にとっては「たったそれだけのことで」と思ってしまうようなことでも、子供にとっては大変な出来事なのです。
また、親や教師から怒鳴りつけられたり、厳しく叱責されたことがきっかけでうつ病になってしまう子供も多いようです。大人にとっては教育のつもりでも、子供にとっては「怒鳴られた、怒られた」という印象しか持てない場合があります。それが大きなストレスになってしまい、自己効力感の低い子供に育ってしまうと、うつ病の発症リスクが高まるといわれています。
自己効力感とは、「物事に対してきちんと働きかけることができる」と自覚する感覚のことです。自己効力感が低い子供は自分では何も成し遂げられないと思い込んでしまい、無力感に陥ってしまいます。これは、うつ病の典型的症例の1つである脱力感や興味・関心の喪失と重なる症状です。無力感が根付いてしまうと日常生活にも支障を来すようになり、学業や仕事など社会的な活動を行うことが困難になります。

小児うつ病の治療方法

うつ病の治療方法は、症状の重さに応じて投薬治療と心理治療を組み合わせて行います。
抗うつ剤を用いる投薬治療は弱った脳に働きかけて不足している神経伝達物質を補ったり、不眠症や食欲不振などの身体的症状の改善に役立つなど、うつ病治療には欠かせない方法です。
ですが、抗うつ剤の成分は身体にかかる負担も大きく、小児に対しての使用には慎重な判断が必要です。一般的に、小児うつ病の治療ではまず心理療法のみを行い、カウンセリングを通じて投薬治療の必要性が判断されます。
子供へのカウンセリングでは、子供の性格を考慮してカウンセリングの方法を慎重に見定めます。集団を忌避する傾向にある子供には個別療法が、隔絶感のある子供にはグループ療法や家族療法など、子供にあった心理療法を行います。
いずれにせよ、小児うつ病の治療は子供だけが頑張ってどうにかなるというものではありません。カウンセラーはもちろん、家族全員で協力することが大切です。