家族のサポート

家族がうつを患ってしまった場合

家族がうつを患ってしまった場合

うつを患ってしまった方は、心のエネルギーが空っぽの状態です。身体の病気と同じように、うつ病の治療には安らげる場所での十分な休養が大切になってきます。ご家族の変化に気づいたら声をかけて話を聞きましょう。うつを患った方にとって、身近な人からの理解は大きな支えになります。
「実際にはどうしたらいいのか分からない」「自分が正しい行動と判断ができているか不安になる」という方も多いかもしれません。
うつ病の治療には、医師の的確な判断や専門的な知識が必要になってきます。ご家族の方であっても、どう対応すれば良いのかわからなくて当然です。専門の機関にアドバイスを求め、適切な対応を学んでいただくことが、うつ病の方にとって何よりの助けとなります。
ここでは、ご家族がうつ病で悩んでいるという方に、ぜひ心がけて欲しいことについてご紹介します。

理解する
心の病気は、外傷があるわけでも病巣があるわけでもありません。はっきりと目に見えない分、周囲やご家族の実感は湧きにくいといえます。
はっきりとした原因もわからず、治療の進捗も確認しにくいうつ病に対して、周囲の方もどう対応していいか迷ってしまうかもしれません。ですが、時間をかけてゆっくりと治すことが必要である病気であると理解するだけでも、うつ病の方の助けになります。
冷静になる
うつを患った方の前では、冷静でいることが大切になってきます。ご家族が落ち着きを失ってしまうと、その不安が伝染してしまい、「家族に迷惑をかけてしまった」と深く落ち込んでしまうかもしれません。うつ病の方は、健康であったときよりもひどく繊細になっています。
うつ病の方に負担を与えるような言動は避け、いつもと変わらない会話を心がけましょう。
話を聞く
うつ病の方と会話する際には、静かにきちんと話を聴く姿勢を示しましょう。
うつ病を患うと、物事の考え方や話す内容がネガティブに偏りがちです。症状が深刻な場合には、人格さえ変わったような印象を与え、ご家族にとってもショックを感じることもあるかもしれません。
しかし、それは本人のせいではなく、うつ病によって意欲や活力の源である伝達物質のバランスが乱れ、一時的にそのような悲観的な考え方になっているだけなのです。そのことを十分に理解していると、ご家族の心の余裕も大きく違ってきます。
また、本人の話の内容がめちゃくちゃでつじつまが合っていなくても、そこを指摘したり誤りを正そうとするのは控えるようことが大切です。本人が何を伝えたいのかを第一に考え、静かに聴く姿勢が大切です。無理に話を聞き出そうとすることは避けましょう。
気持ちを押し付けない
「がんばって!」などの前向きな言葉は、うつを患った方にとっては負担になります。この言葉は、裏返せば「まだ頑張りが足りない」という意味に捉えられがちだからです。
応援したいという気持ちからでた言葉も、受け取り方によって叱責に聞こえてしまうのです。「そんなつもりはなかった」という言葉も、うつ病の方には届かないかもしれません。
うつ病の方は、これまで懸命に病気と戦ってきたはずです。これ以上まだ頑張らなくてはいけないのか、と悩ませてしまうことになります。また、周囲のそういった言葉に応えられない自分への憤りを感じるようになり、自責の念に苦しむことになってしまいます。
気晴らしになるからと旅行や運動を勧めることも、しばらくは控えるようにしましょう。心が十分に休まっていない状態では、楽しいことを楽しいと思える余裕はなく、一方的に疲労ばかりが溜まるケースも多いのです。
また、うつを患った方に選択や決断を迫ることも負担になります。夕飯は何が食べたいか、今日は何をしたいかという生活の些細な選択ですら負担になってしまいます。本人が自分から言い出さないうちは、こちらからの質問は控えるようにしましょう。
今後の人生に関わってくるような重大な決断も、今すぐに決めさせるようなことは控えましょう。悲観的な考え方になってしまっているので、偏った決断をしてしまうことがあります。もしそのような話を本人が持ちかけてきたら「今は休養と健康を第一に考えて、大切な話し合いは体調が良くなってからにしよう」と言葉をかけることが大切です。

気をつけたいこと

うつ病の治療は時間がかかるものです。また他の病気とは違ってはっきりとした回復の兆候もなく、治療の期間を確定できるものではありません。
いつまでたっても変わらない状況に疲れ果て、ご家族がうつ病を患ってしまうケースも多々あります。
そうならないために気をつけて欲しいことがあります。 

自分を責めない
うつ病は、様々な要因が重なりあって発症する心の病気です。何がきっかけとなるのかは、本人にはもちろん、周囲の人にも分かりません。
たとえ原因に心当たりがあったとしても、それが本当に原因であるのかを断定することは困難です。
もっと気をつけていれば、と思い悩むこともあるかもしれませんが、自分を責めても何一つ解決しないということをきちんと受け止めてください。
うつ病の方に寄り添おうとするあまり、ご自身までうつ病になってしまうという共倒れのケースもめずらしくないのです。
ひとりで抱え込まない
うつを患った方が家庭内にいることは、同じ家族とはいえ精神的にも体力的にも辛いものがあります。
家族が疲れた顔をしていると、うつを患った方は自分のせいだと思い込み、更に回復が遅れます。お互いの良好な関係を保つためにも、ご家族の息抜きは必要不可欠なものになってきます。
大きな負担になる前に、家族の中で家事を分担したり、うつ病のケアサービスを頼んでみることも大切です。うつ病の方が集まるコミュニティーに参加し、不安や悩みを分かち合うことも効果的です。