家族のサポート

サインをキャッチする

うつのサイン

うつ病は特別な病気ではありません。
厚生労働省の調査によると、いまや日本人の15人に1人がうつ病を患っています。他の病気と比べてみてもその発症率は高く、誰がなってもおかしくない病状なのです。近年になってうつ病を患っている方の数は増加しており、昔よりも身近な存在になりました。
うつ病のやっかいなところは、その苦しみが周囲の人に理解されにくい点にあります。
家族や職場に迷惑をかけたくないと、自分の不調に気付きながらもひとりで抱え込んでしまう人もいます。しかしそれでは、ストレスや疲れが蓄積され続け、症状が深刻化してしまうことになります。

うつ病には、ご家族や職場の同僚、上司による理解が何よりも大切になってきます。
周囲の方の理解がある環境と、そうではない環境とでは、うつ病を患っている方の心の余裕は大きく違ってきます。
うつ病の治療では、早期発見が大切な役割を果たします。
周囲の人がうつのサインに気付くことで、うつ病の回復への大きなきっかけとなります。
けれどうつ病は目に見える病気ではなく、はっきりとした原因がある病気でもありません。身近な人がうつ病にかかっていたとしても、そのサインを見落としてしまいがちです。

最近、家族または職場の人の様子に違和感はありませんか? 口数が減ったり、心なしか表情が暗かったりと、そんな些細な変化が、ひょっとしたらうつ病のサインかもしれません。
「まさかうちの人が、うつ病になんてなるわけがない」
「あの人がうつ病だなんて」
このような思い込みを捨てて、一言声をかけてみましょう。
小さなサインに気付くことから、うつ病の治療は始まります。

2種類のサイン

うつ発症のサインには2種類あります。それは「心のサイン」と「身体のサイン」です。
心のサインとは「やる気がでない」「何をするのも億劫に感じる」「理由もなく落ち込む」「悲観的な考えばかりしてしまう」といったような、ネガティブな感情を抱えることです。
身体のサインとは「食欲がない」「寝付きが悪く、朝早くに目が覚める」「体調不良が長期間続いている」といったような、身体の機能に影響している兆候です。
うつ病は心因性の病気であると考えられており、その症状は身体にも現れます。目立った病変があるわけではないため見落としがちですが、心だけの問題ではありません。
心と身体。この2つの変化を意識してみると、うつのサインにいち早く気付ける可能性が高くなります。

ご家庭でのサイン

うつ病を患ってしまった場合、その変化に気付ける一番の存在は、やはり生活を同じくする家族です。長い時間を共に過ごしてきた家族にしか分からないような、日常の変化に隠れてしまう小さな変化にいち早く気付くことができれば、早期治療も可能になります。
以下では、日常生活の中で注意したいサインについてまとめています。

  • 食欲の異常な変化…朝ごはん、夜ごはんの食事の量が増えた。または減った。
  • 口数が少ない…家族と会話をしないようになった。
  • いつも疲れている…朝からぐったりとしていることが多い。
  • 片付けない…部屋を散らかす。服は脱ぎっぱなし。
  • 睡眠の偏り…寝つきが悪く、朝早くに目が覚める。また休日はずっと寝ている。
  • 衛生面の変化…お風呂に入らないことがたまにある。歯磨きをしない。
  • ネガテイブな考え…悲観的、否定的、自虐的な言動が増えた。

職場でのサイン

協力して仕事を進めていることから、上司や同僚は相手の状態や状況を把握しやすいといえます。
仕事には、その人の心身の状態が顕著に現れます。そういったことから、職場の上司や同僚がうつのサインに早く気付くケースもあります。
以下では、職場で注意したいうつのサインをまとめています。

  • 時間を守らなくなった…遅刻、欠勤が増えた。
  • 仕事への悪影響…仕事の能率が悪くなった、ミスが増えた。
  • 職場で孤立している…周囲との会話が減った、ひとりでいることが多くなった。

職場の仲間の不調に気付いたとき、いつもと同じように気軽に声をかけることが大切です。家族とは違った第三者としての言葉が必要になるときもあります。

家族の役割と責任

家族の中での役割と責任は、人それぞれで違うものです。
夫には夫の、妻には妻の、子供には子供の悩みがあります。
家族といっても、立場や考え方は違うものです。家族だからといって、経験したことや考えていることの全部を共有できるわけではありません。
時には対等の個人として、相手の立場になって考えてみることも大切です。

夫のストレスとサイン

  • 新聞を読まなくなった。
  • 趣味を楽しんでいない。
  • いつもイライラしている。
  • 口喧嘩が増えた。
  • 飲酒、タバコが増えた。
  • 子供を叱ってばかりいる。
  • 出勤の前夜になると落ち着きがなくなる。
  • 休日はどこにも行かずに寝てばかりいる。

こんな兆候がみられたら、注意が必要です。
一般的にはうつ病は男性よりも女性の方が多いとされていますが、近年になって男性がうつ病を患うケースも多くなっています。中でも働き盛りの男性が多く、家庭と職場での二重のストレスが主な原因とされています。この年代の男性は家族にも話さずにひとりで抱え込むことが多く、周囲が気付いたときにはうつの症状が進んでいるといったケースも多くあります。

  • 職場でのストレス…関わる仕事が増えて責任が大きくなり、仕事量が増えて十分な休養がとれない。また、上司と部下の板挟みにあって人間関係での心労も多くなります。
  • 家庭でのストレス…住宅ローンや子供の教育、親の介護のことなど。家庭における夫の責任は、一家の大黒柱として大変な重圧になります。

妻のストレスとサイン

  • 家事をしなくなった。
  • 料理をしなくなった。
  • 朝寝坊が増えた。
  • 情緒不安定になった。
  • 身だしなみを整えなくなった。
  • 子供に関心を示さなくなった。

こんな兆候がみられたら、注意が必要です。
女性にとって、妊娠や出産は人生の転換期です。期待がふくらむ一方で、それに比例して不安も大きくなります。出産直後には、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの分泌量が急激に変動します。その結果、脳内の神経伝達物質の働きに影響を与え、産後うつ(育児ノイローゼ)の発症率が上がります。
なお、妻にとって近所付き合いが大きなストレスになる場合もあるため、近所との人間関係に悩んでいる女性も少なくありません。

  • 出産・育児…出産に伴う不安が原因。出産直後はホルモンバランスが崩れ、脳内の神経伝達物質に直接影響が出ます。心理的、肉体的負担が多くなります。
  • 人間関係…近所付き合いに行き詰まりを感じる。女性同士の世界特有の悩みが出ててきます。

子供のストレスとサイン

  • いつもイライラしている。
  • 激しい言葉を使うようになった。
  • ご飯を食べることが辛そうだ。
  • 頭痛や吐き気などの身体症状を訴えるようになった。
  • 朝寝坊が増えた。

こんな兆候がみられたら、注意が必要です。
日本の子供は自己肯定感が低い傾向にあります。自分の価値を見つけられず他人と接する機会が減り、ひとりで抱え込むことが多くなっています。また、子供は体力があふれているため大人とは違った症状が現れます。悲しい気持ちを言葉でうまく表現することもできないので、そのイライラが行動で表層化されることがあります。健康面にも大きく影響が現れ、身体の不調が頻繁に起こるようになります。
子供は家族や周囲の環境の変化に敏感です。家族と学校の生活が子供の世界の大半であることを理解することが大切です。

  • 家庭のストレス…両親の離婚や虐待による不安定な家庭環境。両親の育児方針との不一致。
  • 学校のストレス…進学や転校による学校の変化。友人を作ることが苦手。クラスの人間関係になじめていない。進学、転校による環境の変化など。