うつ病と恋愛依存症、その密接な関係とは

うつ病を知る

大事な恋人と過ごす時間を楽しみにするというのは、多くの人にとっては当然のことといえます。
しかし、恋人を大事に思うあまり恋人に合わせすぎた行動をしたり、恋人の何気ない言動に振り回されたりといったことが度を越すと、恋愛依存症を患ってしまうことがあります。
適切な範囲を明らかに超え、恋人に依存してしまう恋愛依存症は、ギャンブル依存症やアルコール依存症と同じくれっきとした病気です。
この恋愛依存症が悪化し、うつ病へと発展するケースも多くあります。
今回は、恋愛依存症とうつ病の関係性について紹介します。

恋人への依存度高ければ要注意

恋愛は、本来であればお互いが対等な立場で支え合う関係を築くものです。しかし、恋愛依存症の人やそれに近い傾向がある人は、相手への依存心が先に立ってしまいます。その結果、恋愛に対して幸福感よりも不安感が強くなってしまい、相手に見捨てられないようにと必死に手を尽くします。恋愛依存症になりやすい人の特徴としては、次のようなものが挙げられます。

「恋人がいないと何もできない、恋人なしの生活は考えられない」と考える人

こうした人は恋愛依存症になりやすいとされています。このタイプの人は「誰かに甘えたい」という気持ちを常に持っており、一人になることを過剰に不安がる傾向にあります。また、自分に自信がなく、相手に尽くすことでその不安感を払拭しようする傾向にあります。
「相手のために何かをしないと」という強迫観念にとらわれていることも多く、その強迫観念がさらに相手への依存心を高めていきます。

家庭環境に問題があった人

こうした過去を持つ人も恋愛依存症になりやすいとされています。親から虐待を受けた人や過度の期待を背負わされて疲弊していている人、または兄弟と比べられて育てられた人は幼少期に満たされなかった心を埋めようとして、恋愛にのめり込む傾向にあると考えられています。

恋愛は、上手く行けばお互いを支え合える関係を築くことができます。しかし、恋愛に依存してしまうタイプの人は依存が度を超えたものとなり、うつ病を発症してしまう恐れがあります。

恋愛依存症がうつ病へ発展するとき

恋愛依存症からうつ病へと発展する原因は、主に次のようなものが挙げられます。

恋人の気持ち疑ってしまったとき

まず挙げられるのが、「相手の気持ちを疑ってしまったとき」です。恋愛依存症の人は、「この人は本当に私のことが好きなのだろうか」、「自分はこの人に好かれているのだろうか」という不安が付きまとい、常にストレスを感じている状態です。そのストレスにさらされ続けることで、やがてうつ病へ発展すると考えられています。

失恋してしまったとき

次に挙げられるのが、「失恋したとき」です。前述したように、恋愛依存症の人は自分に自信がない傾向にあります。恋愛をしていても「別れ話をされたらどうしよう」、「相手に嫌われたらどうしよう」といった不安を常に抱きます。そして、実際に別れを切りだされて失恋することにより、大きなショックを受けてしまいます。失恋によってショックを受けるのは当然のことですが、恋愛依存症の人の場合、それを長期間引きずりやすいといわれています。

相手に裏切られたとき

最後に挙げられるのが、「相手が自分を裏切っているということを知ってしまったとき」です。浮気などが、それに該当します。恋愛依存症の人は、相手にとって自分が一番の存在でないと強い不安を覚えます。したがって、相手の裏切りを知ると自分の存在を全否定されたと受け取って大きく傷つきます。このストレスがきっかけで、うつ病へと発展することがあります。
過度のストレスは、脳機能に多大な影響を与えます。特に、不安を長期間抱え込むようなことになれば脳機能が低下し、心身ともに疲弊してうつ病にまで発展してしまうケースが多くあるのです。

うつ病患者が恋愛依存症になるパターンも

恋愛依存症の人がうつ病になるケースだけでなく、その逆のパターンも多いとされています。うつ病患者が恋人に対して「辛さをわかってほしい」、「自分を受け入れてほしい」という気持ちにとらわれ過ぎると、恋愛依存症へ発展することがあるのです。うつ病患者は気持ちがやや上向きになると、自分の苦しさを共有してくれる人を求める傾向にあります。その願望が強すぎると、恋愛依存症に発展する可能性が高まるといわれています。
もちろん、対等な関係であればお互いに上手く支え合える良好な関係を築くことができます。うつ病から恋愛依存症に発展しないためには、適度な距離感を保つことが重要になるのです。

とめ

うつ病も恋愛依存症も、さまざまな原因が引き金になってあらわれる病気です。恋愛依存症からうつ病に、またうつ病から恋愛依存症にならないためには、「自分自身をしっかり持って恋人に接すること」が大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事