うつ病からの復職の際、産業医が確認する事柄

うつ病を知る

うつ病を発症すると、仕事をする意欲まで削がれてしまうため、多くの場合は休職して自宅で静養することになります。そして、抗うつ薬を飲んで治療に専念し、回復して仕事をする気力が戻ってきたら、復職という流れになります。復職する際には、会社の産業医との面談が必要です。そのため、面談にて産業医に「まだ復職するのは早い」と判断されると、本人が希望していても復職することはできません。ここでは、産業医はどのようなところを見て復職の可否の判断をしているのかについてご紹介します。

産業医との面談では、現状を把握しているか、仕事が可能かを問われる

まずは復職の流れを確認する

うつ病患者が復職する際には、ある程度決められた流れがあります。会社によって詳細は異なりますが、おおよそ共通する部分についてご紹介します。

最初に必要となるのは、主治医の診断書です。うつ病は判断力が失われる病気なので、自分だけではきちんと回復したかどうかを判断するのは困難です。そのため、主治医としっかり連携を取り、治ったと認められることが大切です。

「復職できるまでに回復している」という内容の診断書をもらうことができれば、次にそれを産業医のところへ持って行き、面談を行います。産業医は診断書の内容を見たうえで面談を行い、改めてその患者が職場に復帰可能かどうかを判断します。

最後に、業務上関係の深い上司との面談を行います。スムーズに復職するためには、上司の協力が必要不可欠です。この段階では産業医とも連携し、どのような仕事内容であれば可能であるかを判断してもらいます。うつ病の場合は、いきなり休職前と同じ仕事量をこなすと再発する恐れがあるので、徐々に慣らしていく「復職プログラム」を組んでもらうこともできます。

産業医は会社全体を見る

通常の医師と産業医には、役割に大きな違いがあります。通常の医師は、患者個人と治療の契約を交わすことになります。そのため、うつ病の症状が改善されているか、日常生活は問題なく送れそうか、といった観点から「治ったかどうか」を判断します。

一方、産業医は契約相手が会社です。個人の健康状態についても気を配ってくれますが、どちらかというと会社全体を見る役割の方が強くなります。そのため、例えばうつ病からある程度回復して日常生活は問題なく送れるようになった人でも、「まだ十分な仕事をこなせる状態ではない」と判断されることがあります。そうなると、主治医の診断書があっても復職を認められない可能性があるのです。

過去・現在・未来について把握し、答える

会社や産業医によって、面談における質問内容は変わります。しかし、自分の病状についてきちんと把握しているか問われる、という点については共通しています。具体的には、以下の3点の質問が挙げられます。

なぜうつ病になったのか

まず、自身がうつ病になった原因を把握しておくことが大切です。なお、休職直後にこのことを考える必要はありません。しかし、復職するとなると、また同じことを繰り返さないようにする必要があります。そのため、産業医は「なぜうつ病になったか把握していること」を重視します。

・現在の体調はどうか

現在どのくらいの症状が出ているのか、ということも正確に伝える必要があります。具体的には、気分が落ち込む日はあるか、それはどの程度か、食欲はきちんとあるか、朝きちんと起きられているか、などです。向精神薬の服用を続けているなら、何のためにその薬を飲んでいるのか把握しているかという点も問われます。

・今後の対策を考えているか

うつ病は再発しやすい病気なので、復職後にうつ病が再発した際はどうするのか、という具体的なビジョンを持っておくことも大切です。

まとめ

以上が、産業医との面談における復職可能かどうかの判断基準です。自身の体調と照らし合わせたうえで大丈夫と判断できたときに、復職したいという旨を伝えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事