5月病はうつ病になりかかっているサイン!?

うつ病を知る

4月は進級進学や就職など、人生の節目が集中する季節。新しい環境でがむしゃらに頑張ったあとのゴールデンウィークは、目まぐるしく変化する人間関係や環境に耐えぬいたご褒美のように感じられることでしょう。羽目をはずして遊ぶ人も多いはず。ですが、気の緩みからゴールデンウィーク明けに、思わぬ落とし穴に引っかかってしまうことも……。それが、5月病です。5月病というユニークな名前に惑わされないでください。単なる休み呆けと考えられがちな5月病ですが、実はうつ病を併発する可能性があるのです。日々の生活や仕事に、不安や不満がある方は要注意。ゴールデンウィークでガス抜きをしすぎると、心機一転するエネルギーまでなくなってしまい、うつ病になってしまうかもしれません。

5月病は放置すると、うつ病に発展する可能性も

5月病の怖さって?

5月病の症状が1カ月経っても緩和しない場合、それは5月病ではなく、うつ病に移行している恐れがあります。
「周りの人は生活リズムを取り戻してゴールデンウィーク前と同じように働いているのに、自分はなんでできないのだろう」「自分はただ怠けているだけではないのか」
そんな風に、ゴールデンウィーク明けには誰でも少なからず覚える気だるさを、自分特有の弱さと結びつけてしまうような真面目な人ほど、5月病を悪化させ、うつ病を患ってしまいやすいのです。さらに周囲の人からはやる気がないように見えてしまうので、そういったことで注意されるとますます自分を責めてしまい、うつ病へと転がり落ちてしまいます。5月病を単なる怠けと考えて、自分だけでなんとかしようと放置することが一番の怖さなのです。

 

5月病とうつ病の症状は似ている

5月病の症状

  • 目が覚めても、布団の中から出るのが辛い
  • 食欲がない
  • 化粧やヒゲ剃りなど、身だしなみに気を使うのがおっくうになった
  • 会社や学校に行く時間になると、腹痛や頭痛といった体調不良が起こる
  • 集中力がなくなり、作業にミスが増えた
  • 人と会ったり、会話をするのが辛い
  • 夜布団に入ってもなかなか寝付けない
  • 頭痛や肩こり、めまいといった症状が起きやすくなった
  • 自分がダメ人間になったように感じるマイナス思考
  • イライラした気持ちを感じやすくなったり、焦りやすくなった

5月病の典型的な症状を挙げてみました。やる気の低下、マイナス思考に陥りやすくなるなど、うつ病の症状とよく似ています。

なぜうつ病と5月病の症状が似ているのかは、うつ病の原因と5月病の原因が似ているからではないか、と言われています。どちらも、何らかの原因で脳内で分泌される神経伝達物質のセロトニンが不足することがきっかけと考えられています。脳内で生成される神経伝達物質セロトニンは、人間の身体の様々な機能のバランスを取っています。新しい環境によって感じたストレスでセロトニンの分泌量が減り、結果として体がうまく機能しなくなったという流れは、うつ病も5月病も同じなのです。

 

5月病を避ける3つの心構え

●休みまで仕事を持ち込まない、休み明けまで仕事を持ち越さない

せっかくのゴールデンウィークですから、仕事のことはすっかり忘れたいもの。休みに入っても仕事が片付いていなかったり、休み明けにやらなくてはいけない仕事を持ち越してしまっては、心も体も休まりません。ゴールデンウィークまでにきっちり仕事を終わらせ、休み明けには新しい仕事に一から取り組めるよう、休み前に調整する心構えが大切です。

 

●ストレスは消化するものではなく発散するもの

ゴールデンウィークに何の予定も入れず、ただ家で体を休めるために寝てばかりいる。ゆっくり休むのも素敵な休日の過ごし方ですが、それではストレスを上手に発散することができません。ストレスは内側から消化するものではなく、外に向けて発散するものです。休みの計画を立て、活発に行動する日を決めましょう。アウトドアを楽しんだり、買物に出かけたりするだけでも、5月病の予防に効果的です。

 

●自堕落な生活が5月病を引き寄せる

休みだから何時に寝て何時に起きてもいいじゃないか。そういう弛んだ心構えが5月病を引き寄せる諸悪の根源です。もちろん、休みなのですから何をして過ごすのも自由です。夜更かしをするのもたまには良いでしょう。ですが、せめて朝起きる時間くらいはいつもどおりにすべきです。1日の起点がぶれてしまうと、生活から安定感が失われ、却って精神的なストレスになってしまいます。

また、昼まで寝ているような生活を続けると日光を浴びる時間が少なくなり、セロトニンの分泌量が低下してしまいます。好きなように過ごすけれど、朝だけはきっちり時間どおりに起きる、これだけ守っていればそうそう5月病にかかることはありません。

 

まとめ

5月病は心構えで予防することができますが、万が一5月病にかかってしまったときには、単なる気の緩み、休み呆けが続いているだけと甘くみないでください。放置してしまうことがもっとも危険です。何とか気力を振り絞らないと、と無理をしているうちに、脳の中で神経伝達物質が枯渇し、エネルギー不足に陥って動けなくなってしまうことも。これまでの先入観を捨てて、5月病を「うつ病になりかかっているサイン」だと捉え直しましょう。「たかが5月病」ではなく「実はうつ病?」と考え、疑いが晴れない場合には早めに医師やカウンセラーを頼ってください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事