生理前のうつを「よくあること」と楽観視は禁物。深刻な病となる前に

うつ病を知る

生理前になるとイライラしやすくなる、気分が落ち込んでしまうという声がよく聞かれます。もしかしたら、それは生理前うつの症状かもしれません。症状が進むと治るまでにかかる時間も長くなります。おかしいと感じたら早めに対処することが大事です。この記事では、生理前に見られるうつ症状の特徴と、対処方法について解説します。

 

月経前症候群とは?からだに起こる症状と原因

「月経前症候群」(PMS)とは月経前に3~10日間に渡って現れるさまざまな不快症状の総称です。2種類の女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が変動することが、脳内や神経伝達物質に何らかの影響を与えていると考えられています。しかし、生活環境など他にも原因があると考えられており、はっきりとした原因はわかっていません。

 

月経前症候群の症状には、身体的なものと精神神経的なものの2種類があります。身体的な症状の代表的なものは、お腹の張りやむくみ、腹痛、腰痛、頭痛、乳房の張りなどです。一方、精神神経的な症状には、不安や不眠、イライラ、情緒不安定、倦怠感、食欲不振、過食などさまざまなものがあります。現れる症状や症状の強さに個人差が大きいのが特徴です。精神的な症状の強さによって、月経前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)に分けられます。

 

生理前うつかも……セルフチェックをしてみよう

生理前にどのような不快症状が現れるかは人によって違います。症状の幅が広く、強さにも違いがあるので、生理に伴って現れていることに気付かないこともあるほどです。特に、精神神経症状が強く出る月経前不快気分障害(PMDD)の場合、身体的症状がほとんど現れていなければ、生理と結びつけて考えるのは難しいかもしれません。しかし、いくらうつ症状が強くても、生理前うつなら婦人科での治療が必要です。精神的な不快症状ある女性は、生理前うつを疑って次のセルフチェックしてみましょう。

 

  1. 著しく情緒が不安定
  2. イライラや怒りが起こりやすく、対人関係のトラブルが増えている
  3. 抗うつ気分や絶望感、あるいは自己批判的な考えが強い
  4. 不安感や緊張感が強く、いらだちや気持ちの高ぶりなどの自覚がある
  5. 日常的な物事や周囲の人についての興味が薄れている
  6. 集中力が低下していると感じる
  7. 倦怠感があり日常的な活動がしにくい
  8. 過食や特定の食べ物に対する渇望がある
  9. 過眠傾向あるいは不眠傾向が見られる
  10. 自分で自分をコントロールできないと感じる
  11. むくみや体重増加、乳房の張り、頭痛、関節痛など身体症状を伴う

 

1~4のうち少なくとも1つに当てはまっていて、全項目のうち5項目以上に当てはまっている場合は月経前不快気分障害の可能性があります。症状によって日常的な活動にも支障が出る場合や、生理が始まると症状が治まる場合は、生理が関係していることを疑いましょう。

 

生理前のもやもやに自分ができること

生理前になるともやもやや不快感が強まってしまうというのであれば、ある程度治まるまで無理をしないことが大事です。月経前症候群や月経前不快気分障害が原因のもやもやや不快感は、生理が始まってしばらくすると軽減します。集中力を欠いた状態では、何をやってもうまくいきません。いつやっても良いことなら、時期をずらしましょう。

 

イライラして周りの人に当たり散らしてしまうというのであれば、人と会うのをやめるのも1つの方法です。周りの人と些細なことでいさかいを起こせば、余計に落ち込むことになります。もやもやしているときに自分でできることがあるとしたら、もやもやしていても無理なく過ごせる過ごし方を選ぶことくらいでしょう。

 

生理前のもやもやは長く続いても10日程度です。その間にしなくても良いことは、もやもやが解消してからするように変えるというだけでも楽になります。時期をずらすことができないなら、他の人に任せるという方法も有効です。もやもやした気分で集中力が必要な作業を行ってもうまくいきません。もやもやしていることを正直に伝えて、代わってもらいましょう。周りに辛いことを理解してもらうには、医師の診察を受け病名を付けてもらうと良いです。治療が必要な状態だということが伝われば、手を貸してもらいやすくなります。

 

理解してもらえないともやもやが増すことも……

食べ物や人間関係など外的な要因によって、もやもやや不快感が憎悪することがあります。特に注意したいのは、周囲からの理解が得られない場合です。生理前うつの症状に苦しんでいることは、なかなか周囲の人に伝わりません。月経前不快気分障害の症状について書かれた本やWebページのコピーなどを見せ、理解してもらうようにしましょう。周囲の誤解や無理解によって苦しむことが減ります。相談する相手が近くにいないなら、医師に相談するのがおすすめです。婦人科の医師に相談しましょう。

 

精神的な症状を軽減させるためには、原因になっているストレスを排除することが必要です。しかし、原因によっては簡単に排除できない場合があります。その場合は、できる範囲でかまわないので、日常生活の見直しをすると良いでしょう。睡眠の質を高め、軽い運動を取り入れて、食事の栄養バランスを気にするだけでも、うつ気分の軽減につながります。

 

生理前うつを医療の面からアプローチ

生理前うつの治療はほとんどが対症療法です。強い不安や不眠の症状があれば鎮静剤が投与されます。むくみがひどいときには利尿剤が、痛みが強ければ痛み止めが処方されるのが一般的です。抗うつ症状が強ければ、通常のうつと同様の治療が行われることもあるでしょう。ただし、生理前うつは月経前症候群の症状の1つなので、月経前症候群の治療を行うことも大事です。低用量ピルや少量の低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬によって排卵を一時的に止めて治療することもあります。

 

生理前うつかもしれないと思ったら早めに相談しよう

生理前うつの症状は個人差があります。そのため、合う治療方法も人それぞれです。月経前症候群なのか月経前不快気分障害なのかも、医師の診断を受ければはっきりします。婦人科系の他の病気が裏に潜んでいるケースもあるので、辛いと感じたら躊躇せずに専門医のカウンセリングを受けましょう。早く相談すれば、それだけ早く苦しみからも解放されることになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事