定型・非定型うつ病の違いとは?分類が違えば治療法も異なる?

うつ病を知る

非定型うつ病にかかる人が増えているといわれています。「非定型」とは「定型でない」、すなわち従来のうつ病とは少し異なるタイプのうつ病のことをいいます。特に、若い女性に増えているとされていますが、一体どのような特徴をもったうつ病なのでしょうか。今回は、非定型うつ病の症状やなりやすい人、対応の仕方などについて紹介します。

定型うつ病と非定型うつ病の症状の違い

一般的によく知られるうつ病は「定型うつ病」とも分類されています。定型うつ病に対して「非定型うつ病」という分類もあり、定型うつ病と少し異なる特徴をもつうつ病のことをいいます。定型か非定型かによって、治療法や対応が異なるので、きちんと正しい診断を受けることは大切なことでもあります。

定型うつ病の症状というと、一般的に気分が落ち込んだり、集中力が低下したり、精神的症状があらわれることが多いです。自分が好んでしていたことでさえも億劫に感じてできなくなることがほとんどです。そういった精神的症状に加えて、倦怠感や頭痛、不眠などの身体的症状があらわれることも少なくありません。

一方で、非定型うつ病の症状というと、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったり、一見すると、定型うつ病の症状と変わらないように感じますが、大きく違う点は、自分の趣味や好きなことに関しては、一転して気分が晴れたように、楽しく行えることです。「気分屋うつ病」ともよばれたりするほど、自分の好きなことになると、途端に元気になるので、他人から仮病ではないかと誤解を受けやすく、トラブルの原因にもなりかねません。

非定型うつ病になりやすい人とは?

従来のうつ病「定型うつ病」は几帳面で完璧主義の人がなりやすいといわれています。比較的、責任のある仕事を任される働き盛りの40代や50代がかかりやすいともされています。

一方で、「非定型うつ病」は20代から30代といった若い世代、特に女性に増えているのが特徴です。

他人の評価を過剰に気にしてしまう人が罹りやすい傾向のあるうつ病といわれています。他人を尊重するので、周りからは「よい人」と見られていることが多いのも特徴です。人見知りや対人恐怖症の人も少なくありません。

育った環境による影響も大きいとされています。小さい頃や思春期に、親との死別や離別を経験したことがある人や、親から虐待を受けていたことがある人など親の愛情が感じにくい環境にあったという人も非定型うつ病を発症しやすいとされています。

定型うつ病と非定型うつ病の症状の比較

非定型うつ病の最大の症状は、「気分反応性」です。気分反応性とは常にうつ症状があらわれて落ち込んでいるわけではなく、楽しいことや好きなことをするときには、気分が高揚して楽しく過ごせるという症状です。例えば、仕事には行きたくないのに、友人とのショッピングには出かけられたり、趣味の時間を楽しんだりすることはできます。周囲からみると、怠けているだけなのでは?と誤解を受けることも少なくありません。

次に、従来のうつ病では食欲が減退するのに対して、非定型うつ病では逆に、過食傾向になるとされています。生じる不安を食べることで紛らわすことから過食になりやすいとされていて、体重の増加も目立ちます。特に、甘いものを好む傾向がありますが、糖分がうつ症状を和らげるためではないかと考えられています。

過眠も従来のうつ病の症状とは逆になります。たくさん寝ても睡眠の質は落ちているので熟睡感は得られず、眠気がなかなか取れません。昼夜逆転したり、そうすることで、うつ病と関係の深い神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌にも影響し、悪循環を招く恐れがあります。

最後に、非定型うつ病は「パニック障害」とよばれる病気と関係があると考えられています。パニック障害とは、強い緊張や不安が生じたときに、動悸や息苦しさに襲われる病気で、ひどいケースでは電車に乗れなくなってしまいます。非定型うつ病と診断される人の多くが過去にパニック発作を経験しているともいわれています。

非定型うつ病を克服するために

非定型うつ病を克服して、職場復帰をするには、医師と連携して、治療を積極的に受けることが一番です。

非定型うつ病でも従来のうつ病と同様に薬物療法を行います。まずは、内服薬は指導されたとおりに飲み、自己判断で増減してはいけません。そして、薬物療法と共に心理的なアプローチを行うことが非定型うつ病には効果的だとされています。

「認知行動療法」では自分の物事に対する認知、行動、感情を見つめ直します。自分の考え方のクセを見直してみるのです。集団で行うこともあれば、個人で行うこともできます。特に、育った環境によって心に深い傷を負っている患者においての効果が高いとされています。

また、従来のうつ病以上に生活面からのアプローチも大切です。気分がのらないからと休息をとるのではなく、掃除や洗濯をしたり、毎日に目標を設定するのが効果的といいます。眠気があるからと横にならずに、散歩に出かけたりするようにします。生活習慣の乱れは食生活と睡眠の乱れにつながり、悪循環をまねきます。うつ病の回復が遅れてしまう恐れがでてくるので、できるだけ規則正しい生活を守りましょう。

非定型うつ病は従来のうつ病と症状も治療法も異なる

非定型うつ病は従来のうつ病のように、気分が落ち込んだり、やる気がなくなったりしますが、自分の好きなことに関しては一転やる気を見せるという特徴があります。従来のうつ病では、できるだけ休息させることが治療の1つですが、非定型うつ病の場合は、ある程度、日常生活に目標をもたせて励ますことも効果的だといわれています。うつ病の疑いを感じたら、きちんと診断を受けて、うつ病のタイプに沿った治療を受けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事