ペットロスでうつ病は発症するの?

うつ病を知る

犬や猫をペットとして飼う人が増えています。我が子のようにかわいがることも少なくなく、死別による悲しみは想像を超えるものかもしれません。ペットが亡くなったショックや悲しみが原因で、何かしらの症状が出てしまうことを「ペットロス」とよびます。ペットロスが原因でうつ病を発症することはあるのでしょうか?今回はペットロスとうつ病の関係について紹介しています。

ペットロスの症状とは?

犬や猫といったペットとして人気のある動物は、人間よりも寿命が短いので、ペットとして飼った場合、死別を経験するケースは少なくありません。なかには行方不明になることで別れを経験するケースもあります。どちらにしても、家族同様にかわいがっているペットですから、精神的なショックを受けても不思議ではなく、むしろ当然の感情ともいえます。

具体的な症状としては、「深い悲しみ」「罪悪感」「集中力の欠如」「やる気の喪失」といった精神的な症状に加えて、「体がだるい」「不眠」「食欲低下」といった身体的な症状があらわれたりします。

かわいがっていたペットを失うわけですから、短期間、以上のような症状があらわれても病気ではありません。しかし、ある程度の時間の経過を経ても、心の整理がされず、落ち着きを取り戻すことができなければ問題です。一般的には、3つのグリーフワークの段階を経験しながら、正常心を取り戻すとされています。

1つ目の段階は「否認」です。ペットが亡くなったというショックな出来事を受け入れることができずに、混乱してしまう段階といえます。そして、2つ目が「絶望」の段階です。事実を受け止めなくてはならず、絶望に追い込まれてしまいます。しかし、3つ目である最終段階の「受容と回復」になると、悲しい事実も冷静に受け入れることができるようになります。悲しいけれども乗り越えなくては…と前向きに考えるようになれるのです。このように正常なグリーフワークを経て、つらい症状も和らいでいくと考えられています。

 

ペットロスからうつ病が発症する可能性は?

ペットロスになっても、時間の経過とともに症状が治まってくるのが一般的ですが、なかには症状の改善が認められないケースもあります。そのようなケースでは、放っておくとうつ病に発展する可能性も否定できません。

「ペットが亡くなってから数カ月経過しても症状が和らがない」「どのようにペットロスから抜け出してよいか全く見当がつかない」といった場合は注意しましょう。さらに、「症状が強すぎて日常生活を営むことが難しい」などという状態であれば、医療的介入が必要な時期かもしれません。まずは、受診をすることをおすすめします。

どうしてペットロスから抜け出せないかについては、グリーフワークのプロセスが正常に行われていないことに原因があることが多い傾向です。事実を受け入れられずに、第1段階の否認の段階でとまっていたり、第2段階の絶望の淵からはいあがれずに、さまよっていたりすることが考えられます。事実を受け入れることは容易ではありませんし、時間もかかるものです。それでも、少しずつでも事実を受け入れて、前に進んでいかなくてはいけないのです。

 

ペットロスから抜け出すには?

ペットロスから抜け出すためには、正常なグリーフワークを行う必要があります。「否認」、「絶望」、「受容・回復」へと気持ちの段階を経ることが大切なのです。「ペットを失ったことが信じられない」「認めたくない」という最初の段階から抜け出すには、事実を事実として認めることが大事になります。ペットの遺品を整理したり、供養を行ったりすることで、事実を受け入れられるようになるでしょう。供養というものは、亡くなったもののためだけに行われるのではなく、残されたものが心の整理をするために行われるものでもあるのです。どうしてもつらくて自分で行うことが難しいというのであれば、ペットの供養を行ってくれるサービスを利用することを考えてみると良いかもしれません。

事実を受け入れることができると、深い絶望に陥ることがあります。絶望から抜け出すには、自分の悲しみを素直に認めて、吐き出すことが大切です。友人や家族など、できればペットロスの気持ちを理解してくれる身近な人を探して、話を聴いてもらうことです。自分の気持ちを洗いざらいに話すことで、少しずつ絶望の悲しみから抜け出すことができるでしょう。

正常なグリーフワークを行うと、ペットの別れの悲しみを冷静に受け止めることができるようになり、徐々に前向きな気持ちになれます。悲しみ、やる気の喪失、食欲不振といった症状も少しずつ治まってきます。

 

ペットロスに陥ったらグリーフワークで脱出!うつ病を予防しよう

ペットブームということもあり、ペットとの別れによって精神的症状や身体的症状があらわれるペットロスを経験する人は少なくありません。かわいがっているペットとの別れですから、悲しんだり、落ち込んだり、食べ物がのどを通らないというような症状が一時的にあらわれることは、病気ではありません。ただし、「時間が経過しても症状が治まらない」「日常生活に支障がおよぶ」など症状が強い場合は、うつ病の可能性も考えられます。ペットロスから抜け出すには、まずペットが亡くなったという事実を認めることが大切です。つらく、絶望感を味わうことになるかもしれません。悲しい自分の気持ちにも正直になり、話を聴いてもらう誰かを探しましょう。そのようにして正常にグリーフワークがなされると、少しずつ気持ちも前向きに考えられるようになるものです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事