つらい職場でうつ病に!労災認定は受けられる?

うつ病を知る

職場で精神的に追い詰められ、とうとううつ病になったという話を聞くことも増えてきました。うつ病になると、働くことができなくなる場合もあります。働けなくなると収入がなくなり、生活が追い詰められてさらに精神的なストレスを増やしてしまうことにもなりかねません。仕事が原因でけがや病気になることを労働災害(労災)とよび、金銭面でさまざまな補償を受けることができます。

この労災認定は、実はうつ病でも受けられる場合もあります。うつ病で労災を申請する場合の手続きやその手順などについて確認しておくのは、安心して治療を続けていくためにもとても大事なことです。

 

精神障害の労災補償って?

精神障害は、仕事やプライベートでのストレスの強さと、それに耐える強さのバランスが崩れたときに発症すると考えられています。精神障害で労災の認定を受けることができるのは、その精神障害の原因が仕事による強いストレスからくるものと医学的に考えられる場合です。以前から精神疾患を患っている場合やプライベートでかかってくるストレスも大いに影響している考えられる場合は、労災と認定されないことがあります。

 精神障害で労災認定を受けるためには、3つの条件を満たす必要があります。

 ・労災認定の基準となる精神疾患を発病していること

・労災認定基準の対象となる精神障害の発病前(おおよそ6か月)の間に業務による強い心理的負荷が認められること

・業務以外の心理的負荷や個体側要因により発病したとは認められない

うつ病は労災基準認定の基準となる精神障害に含まれるため、労災認定を受けられる可能性があります。業務による強い心理的負荷が生じたか否かは、特別な出来事があるか、極度の長時間勤務があるかなどを総合的に評価した上で判断されます。

業務以外の心理的負荷に関する判断は、プライベートでの人間関係や金銭面の問題、環境の大きな変化などの有無が大事です。また、個体側要因については、精神疾患の既往歴やアルコールにおぼれていた時期があったかなどを考慮して判断されます。

 

うつ病で労災認定を受けたい!どうしたらいい?

うつ病の労災申請では、さまざまな給付が受けられます。受けられる給付の種類は療養補償給付、休業補償給付、傷病補償年金の3種類です。給付を受ける前に、それぞれの給付金について詳しく把握しておく必要があります。

療養補償給付は、業務が原因でうつ病を発症し、療養が必要な場合に支給されるものです。この給付では、療養の給付と療養の費用の支給という二種類の補償が受けられます。療養の給付とは、労災病院や、指定された薬局・病院で、治療や薬の給付を無料で受けられるという制度です。療養の費用の支給は、近くに指定された医療機関がないため、そこでの治療が受けられなかった場合に受けられるもので、療養にかかる費用が現金で支給されます。

休業補償給付とは、うつ病で休職しているために給料をもらえないときの補償で、休職して4日目から休業補償給付、休業特別支給金の2種類の支給金を受けることが可能です。傷病補償年金とは、うつ病の療養が始まってから1年6か月が経過した、あるいはそれ以後の段階でうつ病が治っておらず、うつ病による障害の程度が傷病等級表の等級に当てはまる場合に支給されるものです。

 療養の給付を受けたいときは、指定された病院などで診察を受け、かつ事業主に仕事中のけがであることを療養の給付請求書を通じて証明してもらい、その請求書を病院に提出します。

 療養の費用の支給を受けられるのは、指定された病院以外の医療機関で診察を受けた場合です。この場合は一度自分で病院に治療費を支払うことになります。その後に病院から請求書に治療内容の証明を記載してもらい、労働基準監督署にその請求書を送ると給付が受けられます。

 休業補償給付の場合、事業主からは仕事が原因で生じた病気だという旨の証明書、医療機関からは病気と治療内容についての証明書がそれぞれ必要になります。この二種類の証明書に請求書を添え、労働基準監督署に提出します。

労働基準監督署はその書類をもとに審査を行い、給付の認定が下りた場合は支給決定通知書が送付され、給付金が支払われることになります。傷病保障年金の支給の可否は労働基準監督署長の職権として決定されるため、本人からの請求手続きはありません。

 ただし、治療を開始して1年6か月がたってもうつ病が治っていないときは「傷病の状態等に関する届」という書類を1か月以内に提出しなければなりません。

 うつ病の労災認定は退職してしまっても受けられる?

自分はもう退職してしまっているからと、労災認定をあきらめる必要はありません。労災保険法には、退職しても保険給付を受ける権利は変わらないという内容の記載があります。

 また、退職をしていても労災認定を受けるための手続きは変わりませんし、万一会社が労災の証明をしてくれなかった場合はその旨を記載した書類を提出することで、労災認定の審査を受けることは可能です。

 職場のセクハラ・パワハラからのうつでも労災を受けられる!

労災認定は、職場におけるストレスで発症したうつであれば理由の如何を問わず受けられます。そのストレスの原因には、セクハラやパワハラも含まれます。厚生労働省には、セクハラが原因で精神障害を発症した場合の労災請求に関する相談窓口があります。

 また、厚生労働省は平成24年1月30日にパワハラの定義を発表しています。この定義に当てはまる行為を受けたことが原因でうつ病が発症した場合、パワハラによる労災認定を請求することが可能です。

 トライしてみませんか?うつでの労災認定

精神障害でも労災認定を受けられることを知らない方は少なくありません。しかし、職場でのストレスからうつを含む精神障害を発症してしまう人はたくさんいます。

うつで労災認定を受けるためには、申請の方法や労災の判断基準など、正しい知識を持つことが大事です。ゆっくりと休養し、安心してうつから回復するために重要な一つの手段として、労災認定の申請にトライしてみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事