うつ病と物忘れ|こころとからだと物忘れ。放置せずに確認してみよう

うつ病を知る

近頃集中力がなく、昔ほど物を覚えられなくなったと感じることはありませんか。物忘れというと認知症を思い浮かべがちですが、認知症以外にも物忘れしやすくなる病気があります。たとえば、目の前の相手が話している内容が頭に入ってこないという症状は、別の病気のせいかもしれません。ここでは、認知症以外の病気が関係する物忘れについて解説します。

 

「うつ病」と「物忘れ」の関係

 

うつ病でも物忘れの症状が出ることがあります。認知症とよく似た症状ですが、認知症ではありません。仮性認知症と呼ばれる症状です。うつ病の物忘れは、話を聞いているのに内容が頭に入ってこない、あるいは、時間をかけて本を読み上げたけれど中身をまったく覚えていないなどという状態になります。ものを忘れるというよりは、うまく記憶できないといった方が良いかもしれません。自分でも何かを忘れているという自覚があり、内容を問われたときにわからないと答えるのが特徴です。それに対して、認知症の物忘れは、話の内容だけでなく、誰と話していたかどこで話していたかなども覚えていません。ですから、一見物忘れの症状がよく似ているように感じられても、話を細かく聞いていくと、うつ病の物忘れなのか、認知症の物忘れなのかが区別できるのです。

 

認知症の物忘れはいつの間にか始まっていたという形ですが、うつ病の物忘れには、きっかけとなる事柄があります。たとえば、長年飼っていたペットが死んでしまった、大ケガをしてうまく体を動かせなくなってしまったというようなことが原因かもしれません。うつ病が発症するきっかけの多くは心身に加わった大きなストレスだからです。つまり、認知症の物忘れと、うつ病の物忘れはメカニズムが違います。脳の違うところで起こっている物忘れなのです。認知症は脳の中でも海馬と呼ばれるところの機能不全が原因ですが、うつ病の場合は前頭葉の機能不全が問題になります。前頭葉は注意力や集中力を司るところなので、集中力が続かずものを覚えられなくなるわけです。

 

うつ病が原因でないかも?

 

うつ病以外にも物忘れの症状が出る病気があります。若年性健忘症や、脳卒中、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫といった脳の病気や、脳炎、甲状腺ホルモン異常などです。認知症ではない物忘れの場合、物忘れをしている自覚が本人にあるので、何とか思い出そうとします。なかなか思い出せずイライラしたり、わからないということに悩んだりするようなら、認知症ではなく、病気が原因の可能性を疑ってみましょう。うつ病の物忘れは、血液検査やレントゲンなどを撮ってもこれといった原因が見つからないことがほとんどです。特に原因らしい原因が見つからなかったためカウンセリングを受けたら、ようやくきっかけとなった出来事が思い浮かび、うつ病が原因だとわかったということが少なくありません。しかし、うつ病以外の病気が原因なら、血液検査やCTなどを撮ることで、何らかの体の異常が見つかることでしょう。

 

物忘れは認知症と単純に結び付けて考えてはいけないのはもちろん、認知症ではないならうつ病が原因のはずだと短絡的に考えてもいけません。仮性認知症の症状が出る病気は、思っているよりもたくさんあるということを覚えておきましょう。適切な治療を受けるためには、原因をはっきりさせることが欠かせません。原因を特定することによって、薬物治療やリハビリ治療などを行うことができるからです。

 

セルフチェックをしてみよう

 

物忘れは気になるが、どうやら認知症ではなさそうだという場合でも、うつ病が原因だとは限りません。まずは、うつ病なのかそれ以外が原因なのかというセルフチェックをしてみましょう。うつ病のチェックは、体が疲れやすいか、気持ちが沈むことはないか、きちんと眠れているかといった生活習慣に関する質問項目が数多く出てきます。回答は、はい、いいえではなく、常に、しばしば、ときどき、いいえという4段階です。特に物忘れについて問われることはありませんが、普段どのような気持ちで生活しているかを客観的に確認することができます。もしも、うつ病が疑われるという結果が出た場合は、速やかに心療内科等を受診して、カウンセリングを受けるようにしましょう。

 

もちろん、認知症かどうかのセルフチェックも可能です。質問項目に応えていくことで、認知症の可能性が高いか低いかということがわかります。認知症ではなさそうだということがわかっても、物忘れが多くて気になるということなら、物忘れ外来のある病院を受診しても良いでしょう。自分では原因がわからない物忘れでも、専門の医師の診察を受けることで明らかになるかもしれません。認知症なのか、うつ病が原因の物忘れなのか、あるいはそれ以外が原因なのかということを知ることが重要です。放っておくと、物忘れがもっとひどくなり、そのことを気にすることで、さらに症状が悪化してしまう可能性もあります。できるだけ早く、原因を突き止めましょう。

 

うつ病かも……?そんな時はひとりで抱えずに

 

うつ病は珍しい病気ではありません。誰もがかかり得る病気で、心の風邪と表現されることもあります。ですから、1人で悩まず医師に相談することが大事です。何科を受診したらよいかわからないのであれば、心療内科やメンタルクリニックを受診してみましょう。物忘れ外来があるならそのような専門外来を受診してみるのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事