うつ病で動悸?いろいろ考えられる動悸の原因!

うつ病を知る

病気には、それぞれに特有の症状が存在することが多い傾向です。しかし、動悸という症状は多くの病気から生じるおそれがあります。「心配するべき動悸」と「心配しないでよい動悸」では何が違うのでしょうか。

 

今回は、動悸がしたときに注意をする点や動機の原因、うつ病で動悸があらわれる理由など、動悸について解説しています。

 

動悸がして、最初に気をつけることとは?

動悸を感じると、多くの人は心臓に問題があるかと心配するかもしれません。心臓の拍動を普段より強く感じるのが動悸ですから当然ではないでしょうか。実際に心臓が原因で動悸が生じているおそれもありますが、心臓が関係していないこともあり得ます。

 

動悸とは健康な人でも感じることがある症状で、動悸を感じたから必ずしも病気だというわけではないのです。過剰に興奮したり、不安になったりすると生理的な反応として動悸を感じることがあります。経験したことがある方も少なくないはずです。

 

しかし、その一方で、すぐにでも受診をするべき動悸の症状があることも事実です。まずは、命にかかわるか動悸かどうかを判断する必要があります。心筋梗塞や狭心症の疑いがあるときは迷わず救急車を呼ぶ必要があります。

 

動悸の原因とは?他の症状にも注目

動悸がしたときに、ほかの症状にも目を向けることで動悸の原因に目星をつけることができます。胸痛や背部痛があるときは心筋梗塞や狭心症を起こしているおそれがあるので、すぐにでも病院で検査を受けた方がよいでしょう。心臓が原因の動悸であれば、ほかにも不整脈によるものが動悸の原因になります。自分で脈拍をとってみると、脈拍のリズムがずれていることに気がつくかもしれません。

 

心臓に関係のない病気では、貧血によって動悸を感じることがあります。血中の酸素が少なくなるので、血流をあげてその不足を補おうとして、それを動悸と感じることがあるのです。貧血の場合、動悸のほかにも息切れやめまいを伴う可能性があります。

 

ホルモンの異常でも動悸の症状があらわれます。甲状腺機能亢進症が代表的な疾患です。発汗や手の震えなどの症状が併発しやすいでしょう。肺に問題がある場合は、動悸の他に息切れといった呼吸困難の症状が伴うことが多い傾向です。最後に、意外に多いのが精神的なことから感じる動悸です。不安や緊張から健常者でも一時的に感じることも考えられますが、パニック発作やうつ病など精神科による治療を必要とする病気が原因の動悸もあります。

 

うつ病の症状としてあらわれる動悸

うつ病の症状というと、一般的に精神的症状が思い浮かぶかもしれません。やる気がなくなったり、興味が薄くなったり、心のエネルギーが低下することで起こる症状です。

しかし、精神的な症状よりも身体的な症状が強くあらわれるうつ病も存在します。特にストレスが原因の場合、自律神経の乱れが生じて身体的症状が出やすいことがあります。動悸も自律神経の乱れによって生じる可能性のある症状の1つです。

 

自律神経は全身に張り巡らされ、さまざまな臓器の調整をしているために、その症状は多岐にわたります。動悸のほかにも、「口が渇く」「便秘」「胃の不快感」「めまい」「膨満感」「血圧の変化」など、実にさまざまな可能性が出てきます。

 

そのため、動悸がして検査をしたけど異常が見つからないから、うつ病というわけではありませんが、うつ病の症状として動悸が生じるおそれがあります。

 

動悸の原因となるその他の疾患

動悸の原因で主なものは、心臓疾患、貧血、肺疾患、ホルモン異常そして精神的なものになります。しかし、動悸の原因はこれらに限ったものではありません。

 

ほかにも、コーヒーやお茶に多く含まれるカフェイン、アルコール、たばこに含まれるニコチンなどを過剰に摂取すると自律神経を刺激して、動悸につながることがあります。

 

薬の副作用によっても動悸が起きることもあるでしょう。例えば、血管を拡げる薬、交感神経を刺激するような薬で動悸が起きるかもしれません。インスリンを使用している人が低血糖になることで動悸を訴える可能性もあります。

 

また、ホルモンのバランスが崩れてしまう更年期障害も疲労感、のぼせ、イライラ、不安、めまいなどとともに動悸を感じるかもしれません。

 

動悸が続くときは受診をして原因を確かめよう

動悸といってもその原因は1つではなく、健常者による生理的反応から、命にかかわる重大なものまで、実にさまざまなことが原因で起こることを説明しました。

 

胸痛や背部痛、呼吸困難、血圧低下などの症状が併発するときは、重症の可能性があるので、すぐにでも受診をすることをおすすめします。し

 

しかし、多くは心配のないものであるといわれています。ただし、持続的に動悸がしたり、たびたび動悸を感じたりする場合は一度病院で調べてみた方が良いでしょう。

 

検査を受けたけど、特に異常がないといわれたにもかかわらず、動悸が続く場合には、精神科の受診を検討しても良いかもしれません。うつ病では精神的症状よりも動悸といった身体的症状の方が強くあらわれることもあります。自己判断でなく、医師に相談してみるとことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事