「聴覚過敏」と「うつ病」の関係とは?

うつ病を知る

何気なく聞こえてくる音が耳障りに聞こえたことがありませんか。心当たりのある人は、聴覚過敏かもしれません。また、うつ病の症状として聴覚過敏が現れることもあります。うつ病と聴覚過敏の関係とは一体どのようなものでしょう。今回は、聴覚過敏が起こる原因、うつ病との関係、起こったときの対処法について紹介します。

 

聴覚過敏とはどのような状態?

聴覚過敏とは、日常的に聞こえてくる物音が急に気になって仕方がない状態のことをいいます。音の聞こえ方が通常とは異なり、苦痛や不快感を生じてしまうのです。受験勉強中にTVの音が気になる、悲しい思いをしているときに他人の笑い声が気に障るというように、状況に応じて物音を不快に感じるということはよくあります。疲労が重なったり、睡眠不足が続いたりして、子供の騒ぐ声に怒鳴りたくなるということもあるでしょう。
しかし、聴覚過敏になると、通常はあまり気にならないような話し声、食器の音、アナウンスなどの音が頭に響くように感じます。どの音も日常生活において何気なく発せられることが多い音です。音がどのように聞こえるかを表現することは主観的になってしまうので、表現の仕方は人によって異なり、そのレベルも違います。ひどいケースでは、家事や仕事に支障がでることもあるのです。

 

聴覚過敏がうつ病の症状としてあらわれることも

特に理由が見当たらないのに、周りの人が気にしないような物音を気にし始めると、聴覚過敏かもしれません。他に、身体がだるく感じたり、動悸がしたり、食欲がすすまないというような症状はありませんか。聴覚過敏は、うつ病の1つの症状としてあらわれることもあるのです。
うつ病の症状というと、憂鬱になったり、楽しめなくなったり、不安になったり、精神的な症状があらわれることはよく知られています。しかし、このような精神的症状だけでなく、身体的症状が強くあらわれる人も実は少なくありません。頭痛、めまい、動悸、吐き気など、あらわれる身体症状はさまざまですが、その中に聴覚過敏も含まれます。
うつ病は脳の機能が低下してしまうことで起こるとされています。脳の機能が低下することで自律神経にも支障をきたし、聴覚過敏を含めたさまざまな身体的症状があらわれると考えられているのです。

 

聴覚過敏が起こる原因とは?

最近、物音が気になり、聴覚過敏を疑うという人は、まず耳鼻科で耳に異常がないかを調べてみる必要があります。音響外傷や鼓膜の外傷など耳に炎症があることで聴覚過敏を引き起こす可能性があります。中でも音を拾う器官である内リンパが炎症を起こすと、音の振動を正常に伝えることができなくなってしまい、聴覚過敏として症状があらわれるといいます。他にも何らかの理由で耳管が狭くなると、耳に高まった圧力を上手に抜くことができなくなって、聴覚過敏となることもあります。
耳鼻科の検査で異常が発見されない場合、自律神経の乱れが聴覚過敏を引き起こしている可能性が考えられます。自律神経が乱れる原因もさまざまあるので、自己判断を行うのではなく、医師に相談するのが賢明です。
疾患としては自律神経失調症や更年期障害が自律神経を乱す病気としてよく知られています。精神科疾患が自律神経を乱すこともあります。疾患を患わなくても、生活習慣が乱れたり、過度のストレスが心身にかかったりすることで、自律神経を乱すこともあります。また、自律神経の乱れがあると、聴覚過敏だけでなく、さまざまな変化があらわれることが多いので、聴覚過敏の他にも症状がないか注意しましょう。

 

知覚過敏が起こったときの対処法

耳の聞こえ方に異常を感じた場合には、まずは速やかに耳鼻科を受診して耳に異常がないかを調べることが大切です。治療が遅れることで治りが悪くなることもあるので、聴覚過敏を感じたらできるだけ早く耳鼻科を受診しましょう。
受診をするまでの一時的な対処としては、耳栓やイヤーマフを利用する方法があります。耳栓やイヤーマフであらゆる音を聞こえなくするのです。逆に、ヘッドホンを使って自分の好きな音楽を聴き、不快な音が耳に入らないようにする方法もあります。
あくまでも、これらは治療ではなく、不快な音に対処するための一時的な対応であることを頭に入れておかなければいけません。聴覚過敏を引き起こしている根本的な原因を解決するまでの一時的な対処法です。
耳鼻科で異常がない場合、内科や心療内科を受診してみると良いでしょう。ストレスや自律神経の乱れが大きく聴覚過敏に関わっていることもあります。早めに対応することで、うつ病など深刻な状況になる前に進行を食い止めることができるかもしれません。
自律神経の乱れを整えるには早寝早起き、バランスの良い食事を規則正しく摂取するなど、生活習慣を整えて、睡眠をしっかりとることが重要です。仕事でストレスを感じている人は、オンとオフをしっかり分けて、仕事が終わったらなるべくリラックスして過ごせるようにします。趣味の時間を楽しんだり、お風呂に入ったり、ヨガをしたり、友人と出かけたりして、仕事の時間とプライベートの時間を上手に使い分けたいものです。

 

耳に異常のない聴覚過敏はうつ病かも

普段は気にならない音が気になり始めたり、周囲の人は何でもない音が不快に感じたりするようになったら聴覚過敏かもしれません。ひどいケースでは生活や仕事に支障が出ることもあります。まずは、耳鼻科で耳に異常がないかを調べてもらいましょう。耳に異常がない場合には自律神経の乱れが関係していることがあります。うつ病も自律神経を乱す疾患の1つです。うつ病には精神症状よって身体的症状が強くあらわれることもあるので、一度、医師に相談して、きちんと原因を確かめてみることをおすすめします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事