うつにならない、進行させないストレス発散法

うつ病の治療

うつ病になる原因はいくつかありますが、一般的にはストレスが大きく影響しているといわれています。ストレスは自律神経を乱し、結果として心や身体の働きをコントロールできなくなります。この自律神経の乱れが、うつ病への第一歩なのです。このことから、うつ病にならないためには定期的にストレスを発散させる必要があります。ストレスの発散といっても、その方法にはどのようなものがあるのでしょうか? 今回は、様々なストレス発散方法についてご紹介します。

ストレスの種類を知り、対応する

3つのストレスと発散法

ストレスには大きくわけて、精神的ストレス、構造的ストレス、科学的ストレスの3つがあります。自分のストレスがこれらのうちどれにあたるのかによって、ストレスを発散させる方法は変わります。どの場合にどの方法が向いているのかを知れば、効果的にストレスを発散させることができるでしょう。

精神的ストレスの発散

精神的ストレスは、主にネガティブな感情によって感じるストレスです。これを解消するには、定期的に感情を開放させることが大切です。人間は感情をコントロールすることができるため、普段は周囲の状況や他者との関係性に配慮して気持ちを抑えていることも多いもの。これは感情の抑圧といわれ、必要なことではあるのですが、この抑圧が過ぎると心にも身体にもいい影響を与えません。感情を開放させるには声を出したり身体を動かすことが重要であるため、カラオケで歌ったり、適度に運動したりといったことがストレスの発散になります。

構造的ストレスの発散

構造的ストレスは、主に身体の歪みなどによって生まれるストレスです。頭蓋骨やあご、筋肉、背骨、骨盤など様々な部分に歪みが生じ、これが脳に異常として伝わることでストレスを感じます。身体の歪みを治すためには、整体などで施術を受けたり、ストレッチをしたりといったことが効果的です。また、姿勢を治すことも大切。背中がまっすぐになっている姿勢が良いと思っている人も多いですが、これは背中の筋肉を緊張させてしまう原因にもなります。筋肉が不自然に緊張すると、これも歪みの一部になってしまうため、「反りすぎず」「伸ばしすぎず」の筋肉を緊張させない姿勢をとる必要があります。

科学的ストレスの発散

科学的ストレスは、主に食品などに含まれる成分によって生まれるストレスです。このストレスに関しては発散させることができないため、できるだけ特定成分を摂取しないようにしなければいけません。特にコーヒーや紅茶に含まれるカフェインは、うつ病のときに摂取しないようにしましょう。カフェインは眠気覚ましとしてよく利用されますが、これはカフェインに交感神経を強制的に働かせる効果、つまり「エネルギーを無理にでも放出させる」力があるからです。エネルギーが少ない状態でカフェインを摂取すると、残り少ないエネルギーを搾り取ることになり、心身ともに極端に疲れてしまいます。これがうつを悪化させることにもなるので、カフェインの摂りすぎには注意しましょう。

ストレス発散の鍵はカレーにあり!?

前述のような方法は、一般的に知られている方法です。それとは別に、近年注目されている少し変わったストレスの発散方法があります。それは、カレーを食べることです。

正確には、カレーには欠かせないスパイスの1つであるターメリックに含まれる、クルクミンという成分を取り入れることが重要なのです。このクルクミンには、恐怖や不安など、負の経験からくるストレスを和らげる効果があり、これがうつ病の予防や症状の緩和に効果があるのではないかといわれています。

クルクミンの効果に関しては、アメリカの研究チームが行ったある実験データが元になっています。特定の音を聞くと怖がるように訓練されたラットを2つのグループにわけ、一方には通常のエサを、もう一方にはクルクミンが豊富に含まれたエサを与えるという実験を行いました。エサを与えた後に同じ音を聞かせると、通常のエサを食べていたラットは身動きがとれなくなったのに対し、クルクミンを摂取していたラットはなんともありませんでした。クルクミンには抗炎症作用があり、これが負の記憶からくるストレスや心の負担を軽減するのではないか、と考えられています。

クルクミンに関しての研究はまだ始まったばかりであるため詳しいことはわかりませんが、ストレスの発散に何らかの影響を与えていることは間違いないようです。 

まとめ

ストレスには様々な要因があり、それによって発散する方法は変わります。これらのストレスはどれかひとつだけが溜まるというわけではなく、それぞれが複雑に絡み合って溜まっていくため、発散させる方法もひとつだけではありません。うつを防ぐ、あるいは改善するためにも様々な方法を知り、自分の症状に合っている発散法を探していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事