うつによる休職。初期はとにかく休養に集中

うつ病の治療

もしも、あなたがうつ病の診断を受け、医師からの勧めで休職することを決断した場合、休職中はどのような過ごし方が望ましいのでしょうか?
休職中の過ごし方次第で、その後の回復の質やスピードが変わってきます。特に、「休職初期」は、その後の効率的な回復を促すために最も重要な時期です。今回は、うつ病の診断で、休職することとなった場合、休職の初期に心がけたい5つのことを紹介します。

うつによる休職中の過ごし方(1)休職初期に心がけたい5つのこと

その1:まずはしっかりと休む

あなたは、うつ病という病気で、休職することを医師から勧められたのです。まずは、しっかりと休養することに徹してください。今の時代、何もしないで休養するということが難しくなってきています。うつ病は、そのダメージや病状を数値に表しづらい病気です。そのため、休職中にも関わらず、当事者が病気の意識が持てず、つい無理をしてしまいがちです。しかし、ここに至るまでは、それ相応の長い期間、疲労が蓄積し、心身のダメージを受けているはずです。腹を括って、まずはしっかり休みましょう。

薬を呑んで、眠れるだけ眠り、ぼんやりとして過ごしましょう。内科や外科の病気で急性期を過ごす方を思い浮かべて、同じような療養生活を送ります。飲み会など多数の人が集まる場所に出かけることは、気疲れを促進するのでやめましょう。旅行も厳禁です。激しい運動も厳禁ですし、今後のステップアップのための勉強もする必要はありません。休職直後に、しっかりと休むことで、その後の回復が早くなります。

 

その2:ネット関係のものから距離を置く

眼精疲労がたまっていることが多いので、パソコンやスマートフォンの使用も最小限に抑えてください。同様の理由で、テレビゲームの類も控えるようにしましょう。

また、休職し始めたころは、イライラや不安などの負の感情が強くなり、自分でコントロールすることが難しくなっています。LINEやメールなどでつい傷つけることを書いてしまったり、誤解からケンカに発展したりしがちです。そのストレスからさらにいら立ちが増して病状が悪化し、大事な関係が壊れてしまうこともあります。元気になるまでは、ネット関係のやり取りを極力控えるようにしましょう。

 

その3:軽い運動で身体をほぐすようにする

休職直後は、だるさで体が動かないことも多いですが、動かせる時に、動かせる範囲で体をほぐす程度の運動は、気分の改善に効果的です。自宅療養の場合は、簡単なストレッチやラジオ体操を行うと良いでしょう。

徐々に、外出できる程度の元気が出てきたら、ゆったりと歩いてみることもお勧めです。あくまでも、自分のエネルギーに応じた運動を行い、やり過ぎないように注意しましょう。

 

 

その4:人生の大きな決断は控える

休職しはじめると、焦りや不安が強くなるため、結婚や離婚や転職などの人生の大きな問題について、白黒はっきりとしたくなる衝動に駆られます。しかし、休職初期は、全般的に判断能力が低下しており、極端な結論を下してしまいがちです。また、諸所の手続きをこなすエネルギーも不足しています。後々、自分に必要なことが落ち着いて考えられるようになるまで、判断を保留し、まずは元気をためることにエネルギーを注ぎましょう。

 

 

その5:今ここでの心地よさを感じるように過ごす

休職初期は、仕事自体をお休みしていても、思考は焦りと不安に駆られやすい時期です。先のことを考え過ぎてさらに不安になったり、過去のことを思い出してイライラしやすい時期でもあります。

怒りや悲しみなどの強い感情を感じるときは、ゆっくりと深呼吸をして、紙に書き殴るなどして発散しましょう。先のことを考えて不安に過ごすよりも、“今、ここ”での心地よさを感じられるように工夫しましょう。穏やかにゆったりと過ごせる時間が増えれば増えるほど、回復が近づきます。

 

まとめ

以上、休職初期の過ごし方5つのポイントをお伝えしました。休職初期の過ごし方の中心軸は、深い休養と安静です。早めに安静と休養を取れることがその後の回復に役立ちます。今まで頑張ってきた自分をねぎらいながら、ゆったりとした時間を過ごせるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事