長く付き合うための、うつ病の病院選びのコツ

うつ病の治療

うつ病や精神疾患になってしまったとき、やはり一番頼れる場所は専門の医師がいる病院です。しかし、あまりにも遠方にあっておいそれとは通えない病院や、医師の治療方針が自分と合わない病院を選んでしまうと、逆に症状の改善が遅れてしまう場合があります。今回は、精神科や心療内科で治療をするときに、自分に合った病院を選ぶちょっとしたコツについてお話しましょう。

うつ病の病院選び

通いやすい病院を選びましょう

病院を選ぶ際に気をつけたいのは、通いやすいところに病院があるかどうかです。うつ病や精神疾患の症状が重い場合、外出には多大な労力を要します。電車を乗り継いで遠方まで通わなければならない病院を選んだ場合、出かけることができずに診察を受けられないということにもなりかねません。なるべく、継続的に通院しやすい立地にある病院から探してみましょう。

精神科や心療内科のある病院をいくつかピックアップしたら、それぞれの病院についてインターネットなどで調べてみましょう。病院が運営するホームページに情報が載っていることがあります。初めてその病院を訪れる際は、どんなところなのか分からず不安を感じて緊張したりするものです。写真などで院内の雰囲気を知ることができれば、不安や緊張が和らぎ病院に足を向けやすくなるでしょう。

病院のホームページには、その病院の治療方針や医師の経歴・治療実績が掲載されています。掲げられている病院の治療方針が自分に合わないと感じたのであれば、違う病院を探しましょう。また、医師の経歴・治療実績を見れば、その医師がどのくらい経験を積んでいるかが分かります。経験を多く積んだ医師には、それだけ応用の利いた柔軟な対応が期待できます。とはいえ、あまり先入観を持ってもいけませんから、インターネットなどで得た情報を鵜呑みにはせず、病院選びの参考にする程度にしましょう。

初診の際、見ておきたいポイント

初診では、なるべく包み隠さず話をすることをおすすめします。その際、患者の話に耳を傾け、きちんと理解しようという姿勢をみせてくれる医師は信頼できます。

医師と患者は、長い時間をかけて二人三脚で治療を行っていくことになります。信頼関係が築けなければ、効果的な治療はできません。医師は患者の話から、患者の精神状態やこれまでの経過、病気になったきっかけなどを把握し、読み取ります。それらは治療方針を決める上でなくてはならない情報です。まずは患者の話を聞くことが、治療の第一歩なのです。しかし、初めて病院を訪れて不安を抱えている患者の話を聞き流してばかりいたり、患者の話を途中で遮って耳を傾けない医師を信頼することは難しいですよね。ましてや患者の話も聞かず、一方的に診断を下す医師というのはもってのほかです。そういった場合は、医師を変えたり病院そのものを変えることをおすすめします。

また、診察の際、これから処方される薬などがどのように効き、その経過によってどのように治療を進めていくか、簡単にでも説明してもらいましょう。担当医は、処方した薬の効能や副作用について患者に分かりやすく説明することが義務付けられています。特に薬の副作用は、ときに日常生活に大きな影響を及ぼすことがある大切な情報です。分からないこと、不安なことは何でも医師に質問してみましょう。こちらからも質問を投げかけて、どんなことを理解していないか、どんなことを不安に思っているか、医師に知ってもらうことが大切です。

まとめ

病院を選ぶ際には、体調や精神状態がよくないときでも自宅から通いやすい、近場の病院を探すことが大切です。事前の下調べをして、リラックスできそうな病院や治療方針が合っていそうな病院を探してみましょう。

診察に行った際には、医師がこちらの話をきちんと聞き、治療について説明してくれるかどうかを見極めましょう。こちらの話を聞いてくれない、どうしても相性が合わないような医師の場合は、同じ院内で担当医を変更してもらうか、病院を変えてしまうこともできます。担当医や病院を変えることは、悪いことではありません。別の専門家の意見を聞く「セカンドオピニオン」という、患者に与えられた権利です。

どんな病気でも、治療には医師と患者の信頼関係が欠かせません。できる限り信頼できる医師を探して、自分のペースで治療できるような環境を整えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事