女性の更年期うつにこそ、専門の治療を

うつ病の治療

女性にとって更年期は避けては通れない道です。だらだらと続く体のさまざまな不調とアップダウンの激しい感情の起伏など、いわゆる更年期障害と言われる症状に悩まされている女性の方は多いのではないでしょうか? 身体的にも精神的にも不安定なこの時期に、更年期うつを患ってしまう方は決して少なくありません。更年期うつには専門的な治療が必要です。「みんな経験していることだから」と症状をそのままにしないで、少しでも自分の体調や心の変化に違和感を感じたら、専門の外来を受けることを意識しましょう。

更年期障害からうつ病へ発展していないかを確認する

更年期うつのメカニズム

なぜ更年期になると気分が落ち込んだり些細なことにイライラしたり、肩コリや手足の冷え性がひどくなったりと、体や心に変化が現れるのでしょうか?

その大きな原因として卵巣の働きの低下、いわゆる閉経があげられます。そもそも更年期とは、閉経する前後の数年のことを指します。閉経の時期には個人差がありますが、45~55歳が一般的とされています。男性はその重要性を体感することができませんが、月経が終わるということが女性の身体にとってとてつもなく大きな変化であることは、女性であれば想像に難くないでしょう。

卵巣には、女性ホルモンの一つであるエストロゲンを分泌する機能があります。エストロゲンは、肌のつやを守ったり、体内のコラーゲンを増やす作用がある、女性にとってとても大切なホルモンです。また、骨を壊そうとする細胞の生成を抑えて骨密度を増やすように促したり、血管や血液細胞の柔軟性も保ってくれます。更年期になると腰痛や関節痛、動悸や息切れ、肌のくすみやシワなど、それまで無縁だった症状がはっきりと感じるようになるのは、エストロゲンの減少が関わっています。

また、体の機能に作用するだけではありません。エストロゲンは、脳内ではセロトニンやノルアドレナリンの代謝を抑え、合成を促す働きをします。セロトニンとノルアドレナリンは、やる気を出すホルモンとして私たちの生活に欠かせないホルモンです。うつを患った方は、このセロトニンとノルアドレナリンをきちんと分泌できなくなっており、そのためやる気の低下や落ち込みなどの抑うつ症状にとらわれてしまうのです。エストロゲンが減ることでセロトニンとノルアドレナリンの生成が減少することは、更年期障害の原因にもなっています。決して、うつを患った方の心の弱さが原因ではないのです。

ココロとカラダは自分で守る!

更年期の症状が重たくなってくると、夜中に何度も目が覚めてしまう睡眠障害や、感情の起伏を自分でコントロールできなくなるなど、うつ病の症状に極めて近づくことがあります。もし更年期の症状が重たくなってきても、「みんな経験していることだし…」と我慢しないでください。もしかすると、単なる更年期の症状ではなく、うつ病に発展しているかもしれません。

うつ病をそのまま放置していると、さらに症状が深刻になり気づいた時にはもう手遅れ、といったケースもあります。自分の体と心の変化に少しでも違和感があったら、ひとりで悩まずに専門外来や婦人科で専門の知識を持った医師に相談することをおすすめします。症状を和らげるためにホルモン補充療法や抗うつ剤療法を進めたり、もっと詳しく診察してくれる専門外来を紹介してくれたりします。専門の医師に相談するだけでも気分は軽くなるのではないでしょうか。

まとめ

みんなが経験していることだから私だけ甘えたことは言えない、とは考えないでください。更年期のうつ病は原因がはっきりしている病気であり、その人の心の弱さが招いたものではありません。またその症状の重たさには個人差があり、うつ病に発展してしまうケースもあります。更年期が終わった後も、うつ病に悩み続ける方もいらっしゃいます。

更年期の女性は非常にナイーブで、身体的にも精神的にも不安定です。「もしかしたらただの更年期障害ではないかもしれない」という気づきが、自分を守ることに繋がります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事