西洋医学とは違う、漢方によるうつ病治療

うつ病の治療

うつ病は、安堵感を司る脳内伝達物質セロトニンが不足し、自律神経が乱れることによって発症する病気だと考えられています。そのため、治療の際にはセロトニン量を増やすべく抗うつ薬の服用を中心に治療が行われます。これは、西洋医学における一般的な考え方・治療法です。一方、漢方ではうつ病が発症する原因について、西洋医学とは別の捉え方をします。加えて、治療法も西洋医学とは異なります。ここでは、漢方におけるうつ病治療、治療に効果のある漢方薬をご紹介します。

漢方ではその人の体調に合わせて薬を選び、うつ病を改善していく

漢方におけるうつ病発症の原因

西洋医学では、うつ病は心の病気ではなく脳の病気であるという考え方が一般的になってきています。そのため、セロトニン量を増やして自律神経を整える抗うつ薬が用いられ、並行して患者1人ひとりに適した認知療法などが組み合わされます。

一方、漢方では最初から患者一人ひとりに合わせたアプローチが行われます。患者に合わせた治療を行うために、漢方では「心の変化」と「環境の変化」に分けて原因を探っていきます。心の変化は「七情」といい、「怒り」、「喜び」、「思い」、「憂い」、「悲しみ」、「恐れ」、「驚き」の7つの変化を指します。また、環境の変化は「六淫(ろくいん)」といい、「風」、「寒さ」、「暑さ」、「湿気」、「乾燥」、「熱」の6つの変化を指します。これらの変化が自律神経に影響を及ぼし、うつ病を発症すると漢方では考えられています。そのため患者の症状やうつ病を発症したときの状況をよく聞き、薬を処方していきます。

漢方におけるうつ病治療の流れ

漢方では、外からきた病気を撃退するというよりは、人間の持つ自然治癒力をサポートするという観点から治療が進められます。そのため、うつ病治療のためにまずは基礎代謝を上げていきます。基礎代謝を上げるためには、婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)や補中丸(ほちゅうがん)が使用されます。これらの漢方薬には新しい血液を作り、栄養を体のすみずみに届ける効果があります。また、明るい気持ちを取り戻す効果もあります。さらに、胃腸の調子を整えて消化吸収の働きを改善し、脳への栄養補給を助ける帰脾湯(きひとう)、シベリア人参を用います。これらの漢方薬には安眠作用もあり、体の休息を助けてくれます。

ここからさらに、患者に合わせてさまざまな漢方薬が処方されます。イライラが強い人、不眠や倦怠感に悩まされている人、冬季うつ病の人など、症状によって処方される漢方薬は異なります。そうして患者に適した薬を組み合わせていくことで、うつ病を治療していくのです。

うつ病に効果の高い漢方

以下では、うつ病の治療や予防にも使える漢方薬について、いくつかご紹介します。

・高麗人参(こうらいにんじん)

高麗人参は、副交感神経に働きかけて自律神経のバランスを整える効果があります。自律神経のバランスが乱れることによってうつ病発症のリスクが増す、というのは西洋医学・漢方の双方に共通した考え方です。自律神経は交感神経と副交感神経からなり、うつ病患者は健康な人と比べて副交感神経が働いていないと言われています。高麗人参には、そのバランスを元に戻す力があるのです。

・西洋人参

西洋人参には鎮静作用があり、興奮状態や過敏、疲労を改善させることができます。うつ病のなかでも特に疲労が取れずに興奮状態が続いているという人に対して効果があります。

・甘草(かんぞう)

甘草には鎮痛作用や幅広い疾病に対する解毒作用があり、神経痛や腰痛、生理痛などさまざまな痛みに対して効果を発揮します。脳や自律神経に作用するのではなく、うつ病患者に多い副腎疲労症候群や肝機能の低下を改善します。肝臓はセロトニンの生成において重要な役割を担っているので、肝機能の改善はうつ病の改善にもつながると考えられています。

まとめ

以上が、漢方におけるうつ病の捉え方と、使用される薬の代表例です。西洋医学とは違った考え方で治療が行われますが、どちらかが正しくてどちらかが間違っている、ということはありません。うつ病治療にあたっては、西洋医学だけではなく漢方という選択肢もあることを覚えておくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事