薬で治すうつ病~抗うつ薬の効果と副作用とは~

うつ病の治療

うつ病になると、毎日どうしようもなく気持ちが落ち込み、不眠や頭痛、食欲低下といった体の不調も出てきます。そんな辛い症状から一日も早く解放されたい。楽しい気持ちと元気な体を取り戻したい。それが、うつ病を患う人やそのご家族にとっての切実な願いでしょう。そのための治療法の一つに、薬物療法があります。うつ病を薬で治療するとき、中心となるのが「抗うつ薬」と呼ばれる薬。「うつに抗う」という名前の通り、抑うつ気分を軽くしたり、不安を抑えたりする働きがあります。ここでは、抗うつ薬が作用する仕組みや副作用をご説明します。

抗うつ薬の効き方と副作用の出方を知り、正しく服用することが大切

抗うつ薬の作用の仕組み

抗うつ薬は化学構造の違いによって4つに分類されています。「三環系」「非三環系」「 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」「SNRI (セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」の内、今の主流となっているのが、三環系や非三環系よりも副作用が少ないSSRIとSNRIです。

うつ病治療の鍵を握っているのは、脳の中の「セロトニン」や「ノルアドレナリン」という物質です。これらは脳の中で情報を運ぶ神経伝達物質の一つ。セロトニンやノルアドレナリンは、私たちの感情に作用して、気分ややる気を高める働きがあります。うつ病の人は脳の中のセロトニンやノルアドレナリンが減少しているため、楽しい気持ちを感じにくくなり、気分が落ち込む、やる気が出ないといったうつ状態になってしまうのです。

脳の中のセロトニンやノルアドレナリンを増やすには、どうすればいいでしょうか? 残念ながら、これらの脳内物質は、注射や薬で外から増やせるものではありません。ですが、SSRIやSNRIといった抗うつ薬は、神経細胞の間を行ったり来たりするセロトニンやアドレナリンが、神経細胞に取り込まれて減ってしまうのを防ぎます。その結果、神経細胞間のセロトニンやアドレナリンの量が増えて、再び気分ややる気が高まるようになるのです。このように、抗うつ薬はうつ病の発生メカニズムに直接アプローチするため、うつ症状の改善に高い効果を発揮します。

効果よりも先に出る抗うつ薬の副作用

病院で処方される多くの薬と同じように、抗うつ薬にも副作用があります。SSRIやSNRIは比較的、副作用は少ないと言われていますが、主な副作用に、便秘、吐き気、倦怠感、眠気、頭痛、喉の渇きなどがあります。また、薬によっては、飲み始めに下痢や嘔吐などの消化器系の副作用が起こることもあります。そして、薬の添付文書には「自殺願望が高まることがある」とも記載されています。

抗うつ薬は少量から飲み始めるものなので、いきなり強い副作用が起こる心配は通常ありませんが、人によって副作用が強く出る場合もあるので、服用者自身や家族が経過観察をすることが大切です。その情報を医師に伝え、医師は様子を見ながら、必要に応じて薬の量や種類を調節します。何より危険なのは、医師の指示を守らずに服用することです。

一般に、抗うつ薬の副作用が問題視されがちなのは、抗うつ薬の効果と副作用が現れるスピードに関係していると考えられます。抗うつ薬は即効性のある薬ではないので、本来の効果が現れるまで2~4週間程度かかります。一方、抗うつ薬の副作用は飲み始めに現れることが多いので、副作用の影響が目立って感じられるのです。抗うつ薬の副作用は、1~2週間程度で自然に消えていきます。ですから、効果が現れるまできちんと服用を続けることが大切です。また、どうしても続けられない場合は、医師に相談し、適切な処方を受けましょう。

回復期に自己判断で薬を止めるのは厳禁!

うつ病は、「急性期」「回復期」「再発予防期」の3段階に分かれます。うつ病と診断されてから約3カ月間は、うつ症状が強い「急性期」。4~6カ月以降は、一進一退を繰り返しながら症状が改善されていく「回復期」。その後1~2年間が、再発に注意しながら経過を見る「再発予防期」です。

この中で、特に注意すべきなのが「回復期」。回復期には、気分が良く元気な日が数日間続くことがあります。ですが、そこで治ったと思い込んで薬を飲むのをやめてしまうと、再び症状が悪化する恐れがあるのです。決して自己判断で薬をやめず、医師の指示に従って毎日決められた量を服用しましょう。

まとめ

抗うつ薬は、うつ病治療に使われる代表的な薬です。抗うつ薬は、脳の中のセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質のバランスを整え、抑うつ気分や不安といったうつ病の症状を改善します。効果が現れるまでは2~4週間程度かかりますが、焦らず毎日正しく服用を続けることが大切です。抗うつ薬の主な副作用は、便秘、吐き気、倦怠感、眠気、頭痛、喉の渇きなど。ですが、これらの症状は服用を始めてから1~2週間程度で自然となくなります。なお、抗うつ薬は、突然服用をやめたり量を変えたりすると症状が悪化する恐れがあります。決して自己判断せず、医師の指示に従って正しく服用することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事