抗うつ剤に副作用はつきもの?抗うつ剤の効果や飲み方・取り入れ方

うつ病の治療

抗うつ剤は、普段から飲む機会が多い風邪薬や胃腸薬などとは異なり、飲み方がよくわからないという人が多いのではないでしょうか。もしかしたら、飲んだらめまいや吐き気など、強い副作用に悩まされるのではないかという不安を感じている人がいるかもしれません。そこで、抗うつ剤の成分や副作用、効果的な飲み方などについて解説します。

 

抗うつ剤の成分とその効果

 

抗うつ剤は、精神的に大きな負荷がかかりそれ以上受け止められないと感じたとき、乱れた脳の働きを調整して元に戻すために飲む薬です。憂鬱な気持ちが長く続いたり、抱えきれないほど大きなショックを受けたりすると、脳は安全のために、神経伝達を少し鈍らせます。その状態がうつ病です。病気のなりやすさには差があっても、特別な人がなるわけではありません。心に疲れが溜まれば誰もがかかり得る症状のため、「心の風邪」に例えられることもあるくらいです。治療のために、いつ抗うつ剤を自分や家族が飲むことになってもおかしくありません。あらかじめ、成分や効果を知っておきましょう。

 

抗うつ剤は、うつ病の原因として知られる、脳内の神経伝達物質に作用し、意欲を高めたり、気持ちを和らげたりする働きを持つ薬です。化学構成や作用の仕方によって、「三環系」「四環系」「SSRI」「SNRI」「NaSSA」という種類があります。これらの中でもっとも古い三環系は、強い効き目がある代わりに副作用が出やすい薬です。それに対して「四環系」は、効き方が穏やかになり副作用が出にくくなっています。「SSRI」「SNRI」「NaSSA」など後で開発された薬は、「三環系」「四環系」よりも脳内でのターゲットが絞られており、作用も限定的です。そのため、SSRIなど比較的新しい薬は、高い治療効果を得ながら、副作用も起こりにくくなっています。

 

抗うつ剤にある副作用とは

 

抗うつ剤は、脳内で神経伝達物質に作用する薬です。しかし、脳内のターゲットがやや広い薬の場合、神経伝達系以外の神経系に作用してしまうことがあります。それが抗うつ薬の副作用といわれるもので、代表例は口の渇き、便秘や排尿障害、眠気、吐き気や胃腸障害、頭痛などです。また、投薬治療の初期や、処方量を増やしたときには、不安や焦燥、衝動性などが現れる場合があります。しかし、抗うつ剤は決して依存性のある薬ではありません。一度飲むと常に飲まなければ正常な状態でいられなくなるという間違った認識をしている人がいるようですが、そのような薬ではないので、安心して飲んで良いでしょう。

 

どんな薬でも多かれ少なかれ副作用はあります。その点は、風邪薬や胃腸薬などなじみのある薬も同様です。ただ副作用は誰が飲んでも必ず出るというものではありませんし、人によって出方に差があります。同じ人が飲んでも、服用量が多い場合や体調に問題がある場合は出やすく、性別や年齢、薬への感受性など、様々な要因が関わるといって過言ではありません。そのため、まれに重篤な副作用の起こるケースがあることは確かです。しかし、そのような重篤な副作用が起こらないように、専門の医師が体質に合う薬を選んで、適量を処方するのです。とはいえ、もし、薬を飲んで何らかの異常が感じられたときはすぐに服用を止め、医師に飲み続けても良いか相談するようにしましょう。量を減らす、薬の種類を変えるなどの対応をしてもらえます。

 

抗うつ剤の効果的な取り入れ方

 

抗うつ剤は、飲み始めてから一定の効果を感じられるようになるまで、1~2週間ほどかかるのが普通です。ですから、数回飲んだだけで、自分には合わないと決めつけて飲むのを止めてしまうことのないようにしましょう。また、症状が治まっても自己判断で飲むのを止めてはいけません。脳内の環境が整い始めた段階で服用を止めてしまうと、再発する場合があります。薬の服用を止めるのは、処方した医師の判断を仰いでからにしましょう。抗うつ剤は、再発防止のためにしばらく飲み続ける必要がある薬です。最低でも半年程度は飲み続ける必要があると思っていた方が良いでしょう。

 

うつ病は心身の疲れがきっかけとなって起こる病気です。脳内で神経伝達を行う物質のうち「セロトニン」や「ノルアドレナリン」の働きが低下することによって起こるので、薬物療法だけではなく、同時に休養や食事の管理も行います。セロトニンやノルアドレナリンが十分作られるように、そのもとになるトリプトファンやフェニルアラニンを食事から摂ることが大事です。トリプトファンは牛乳、チーズといった乳製品や卵、落花生、きなこなどから摂ることができます。フェニルアラニンは肉類や魚介類、卵、大豆製品などに含まれる栄養素です。いずれの栄養素も、動物性、植物性を合わせてバランスよく摂るようにしましょう。日常生活は無理のない範囲で行動し、十分な睡眠をとることも大切です。

 

薬の種類や量は医師としっかり相談

 

抗うつ剤は正しい飲み方をすれば安全に服用できる薬です。しかし、医師の処方が必要な薬なので、自己判断で飲む薬の種類を選んだり、量を決めたりしてはいけません。間違った飲み方をすると重篤な副作用が出ることもあります。必ず医師の指示どおりに服用しましょう。症状が治まっても薬の服用を急に止めてはいけません。医師が徐々に飲む量を減らしていきます。最後まで医師の指示に従って服用することが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事