デイケアを利用してうつ病の改善を目指す

うつ病の治療

うつ病を改善するための方法は、薬の服用や認知療法など様々な物があり、医療機関や保健所などが行っている精神科デイケアを利用する方法もあります。デイケアをうまく利用することで、うつ病の改善も期待できますので、ここでは、デイケアに参加する目的や一般的に行われている内容について紹介しています。

精神科デイケアについて

精神科デイケアとは、病院が行う外来治療のひとつで、保健所などが運営していることもあるようです。

精神科デイケアを行う一般的な目的は、数十人ほどの患者さんが集まり、集団活動やプログラムを通じて生活習慣の改善や社会機能を回復するための手助けとすることです。

デイケアに参加するためには、主治医の判断が必要になりますが、基本的にはデイケアが有効であると判断されれば、参加することができます。

精神科デイケアにはうつ病を含め精神疾患を抱えた患者さんが多く参加しています。

精神科デイケアの流れ

精神科デイケアに参加しようと思っても、どんな所かわからなければ、二の足を踏んでしまう方も少なくないでしょう。細かい内容は、場所によって違いがありますが、大まかな流れを紹介したいと思います。

まずは、デイケアを行っている施設まで足を運ぶことから始まります。デイケアは午前中に始まることが多いですが、なるべく遅刻しないようにしましょう。

デイケアが開始されると、本日の予定やプログラムの進行手順の確認を行います。デイケア中に行われるプログラムは勉強のようなものから、ゲームやスポーツ、習字など様々なジャンルの物があり、予定が組まれていたり、朝に話し合って決めたりと、いろんな方法があるようです。

そして、昼食と休憩をとり午後のプログラムへ移行しますが、基本的な流れは午前のプログラムと変わりません。プログラム終了の時間になると、ミーティングと帰り支度を行い終了となります。

プログラムの開始時間や終了時間は、各施設によって違いますが、精神科デイケアの実施時間は6時間と決められていますので、9時~16時の間に収まることが多いようです。

精神科デイケアに参加することで期待できる効果

精神科デイケアに参加することで得られる効果は人によって違いがありますが、一般的に期待できる効果について紹介していきます。

安定した生活リズムになる

精神科デイケアに参加することで、決まった時間に決まった場所にいくことになるので、自然と生活にリズムが生まれます。決まった時間を決まった場所で過ごすということは、学校や会社に行くのと同じで、日常生活に固定のリズムが生まれます。

うつ病は、生活習慣が乱れや、引きこもりにより悪循環が生まれている事も多いので、外に出る習慣や固定のリズムで生活することは、非常に重要と言えるでしょう。

居場所や仲間が生まれる

精神疾患の治療中には、孤独を感じることも珍しくはありません。特に仕事や学校を休んで治療に専念している方は孤独を感じている方も多いでしょう。精神科デイケアに参加することで、自分の居場所があると感じることができたり、同じ病気と向き合っている人に出会うことで、安心感を得られたりします。これは、1人で治療しているだけでは得られない効果であり、精神科デイケアに参加するメリットといえるでしょう。

相談できる機会が増える

精神科デイケアには、精神科医だけでなく、看護師や臨床心理士、精神保健福祉士など様々な医療関係者も参加していますので、デイケアに参加すればこれらの人に相談できる機会が増えます。

また、診察時と比べて沢山の時間を取ることができますので、不安に思っていることや悩みを相談し易い環境と言えるでしょう。

相談できる人が近くにいることで、患者さん自身が安心することもできます。

周囲の負担が軽減される

うつ病の治療には、家族を始めとした周囲のサポートは欠かせません。しかし、長期間サポートを続けることで周囲も疲弊してしまうことがあります。それにより、人間関係が悪化することがありますし、新たなうつ病患者が生まれないとも限りません。

精神科デイケアを利用することで、周囲の心と体や休ませる時間も作れるので安定したサポートを続けやすくなるでしょう。

まとめ

このように、精神科デイケアを利用することで、うつ病の改善を期待することができます。しかし、どこでもやっているというわけではありませんので、まずは、今通っている病院が精神デイケアを行っているか確認しなければなりません。

もし、精神科デイケアが併設されていなかったときには、別団体が運営しているデイケアへ参加することもできますので、「精神科デイケア」に興味を持っている方は、まずどうすれば参加することができるのかを調べる所から始めると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事