うつ病の子供の将来を考え、回復に備える

うつ病に寄り添う

うつ病になった患者やその家族に対してよく言われるのが、「重大な決断は後回しにしてください」というものです。離婚や退職などの大きな決断は後悔につながる場合がほとんどなので、多くの医師により現状維持が推奨されています。たとえば子供がうつ病を患った場合、転校や退学などの決断は先延ばしにするのが賢明です。なお、家族のしっかりとしたサポートは重要となります。こうしたサポートをおこなう際、親が押さえておくべき情報をご紹介します。

子供がうつ病になったら治ったときに備えて進学に関する情報

学校に相談して一緒に対応してもらう

うつ病を発症して自宅で療養している子供は、「学校を辞めたい」「転校したい」と言い出すことがあります。しかし、うつ病患者は正常な判断力が奪われている状態なので、子供の言う通りにしてしまうと、のちに学業のことで悩んでしまう可能性があります。そのため、学校にはできるだけ在籍したままにしておきましょう。

特に高校の場合、心配されるのは留年の問題です。とはいえ、こういった問題は学校に相談すればある程度協力してもらうことができます。卒業単位や必要な出席日数は学校によって異なり、事情を説明すれば一定の処置が施されることもあります。また、休んでいても条件付きで進学や卒業が認められる場合もあるので、ただ休学させるのではなく、学校と相談しておくことが大切です。

各種教育制度をチェックしておく

うつ病治療で学校を卒業することができなかった、ということになっても、その遅れを取り戻すチャンスは多くあります。そうしたチャンスとなる制度をチェックしておき、必要なら子供と話し合うことが大切です。

数多くある制度のなかでも有名なのが、高等学校卒業程度認定試験(高認)です。高認に合格すると大学や短大などへの受験資格が得られるほか、就職活動の際も最終学歴を高卒とすることができます。同様の制度に、中学校卒業程度認定試験があります。これは中学課程を免除、猶予された子供が受けることのできる試験で、中学卒業程度の学力があることを証明できるほか、高校への入学資格を得ることもできます。

そのほかにも、家にいながら、あるいは学校外施設に通うことで出席扱いとされる制度もあります。「学習への意欲は取り戻してきたけど、まだ学校へ通えるほど回復はしていない」といった場合に検討することができます。保護者と学校との密な連携が必要となるので、利用したい場合は学校と相談しましょう。

サポートしてくれる教育機関をチェックしておく

うつ病の症状が回復して学習が可能となっても、休学している学校へすぐに戻るのが困難な場合があります。うつ病の治療中に転校などを決断するのは避けるべきですが、いざ登校を再開する段階になったら、学校を変える選択肢も検討してみましょう。

高校であれば、通信制高校や定時制高校があります。通信制高校は主に自宅で学習しながら、レポート提出や試験によって単位認定を行う高校です。週に1度か2週に1度程度登校し、面接指導を受けるのが一般的ですが、面接指導をインターネットで行う学校もあります。定時制高校では夜間と昼間でカリキュラムが分かれており、4時間の短時間登校となるため、うつ病回復後のリハビリとして利用することができます。

「サポート校」と呼ばれる民間の教育施設を利用することもできます。サポート校では高卒資格を得ることはできませんが、通信制高校などを利用する生徒に対して学習のサポートを行ってくれます。またカウンセラーが在籍しているサポート校も多く、生活面、精神面のサポートを受けることができます。サポート校は、一人ひとりに合わせた細やかなサポートを受けられることが利点です。

まとめ

このように、中学や高校でうつ病になってしまった子供のための制度や機関は多くあります。子供がうつ病になってしまったら、このような情報をチェックしておきましょう。子供にも情報を教えたほうがいいかどうかは、その状況によります。うつ病により外からの刺激が苦痛になるようなら教えずに、これとは反対に学校を長期休んでしまうことに不安を感じているなら教えることが大切です。いずれにせよ、制度や機関の情報を集め、子供がうつ病から回復したときに備えることが大切です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事