うつ病による休職後は、まず元の会社で復職する

うつ病に寄り添う

うつ病で休職している家族から「会社を辞めて、別の場所で働きたい」と相談されたら、戸惑ってしまうのではないでしょうか。このとき、患者は「今の会社には戻りたくない」「会社に戻ってまたうつ病が再発したらどうしよう」と思い悩んでいる傾向があります。なお、うつ病は正常な判断力が失われる病気でもあるので、発作的にこう切り出してくるケースも少なくありません。とはいえ、休職期間が明けて新しい環境で働き始めるのはなかなか難しいものです。患者の負担を減らすためにも、復職と転職に関してはよく話し合う機会を設けることが大切です。

復職するメリットを享受しながら、転職を考えても遅くない

復職のメリットはリハビリができること

うつ病で休職中の患者は、その症状によって正常な判断ができなくなっています。またうつ病になった原因が職場にあるとすれば、患者が「復職したくない」「新しい環境でやり直したい」と考えてしまうのも仕方のないことです。しかしいくら症状が回復したとしても、うつ病は再発率が高い病気です。その状況を抱えたまま、いきなり新しい環境に飛び込むのは得策とは言えません。

転職する前に、まずは元の職場への復職を考えてみましょう。そのメリットは、「休職前に一度うつ病に関する報告・説明をしているので、ある程度の理解が得られる」という点です。休職前に診断書を提出し、上司や産業医との面談でしっかりとうつ病の説明をしているのであれば、リハビリ出勤や仕事量の調節が行える「復職プログラム」がスムーズに利用できます。

復職した際は、まず短時間勤務でリハビリを行いましょう。リハビリ出勤をして徐々に体を慣らしていき、仕事ができる体力を少しずつ取り戻していくことが大切です。体が慣れてきたら、徐々に定時出勤へとスライドしていきましょう。

 

復職プログラムはどう組むべきか

よ復職プログラムを組もうと考えたとき、注意すべき点がいくつかあります。まずは上司や産業医、主治医と相談した上で復職プログラムを組むということが挙げられます。「もう大丈夫だから」と独断で判断すると、通常の業務についていけずにうつ病が再発する可能性があります。このほか、業務の質や量についてもく検討し、相談した上で調節していく必要があります。「復職から1カ月目は単純な仕事のみ・残業なし」、「復職2カ月目でチームの補助的な仕事・残業なし」というように、上司や産業医、主治医の意見を参考にしながら具体的なプランを立てることが大切です。

復職プログラムの一例をご紹介します。まず、復職前に職場周辺まで通えるような体力づくりを行いましょう。この通勤練習を通して、少しずつ体力や気力に負荷をかけることが大切です。次に、もし可能なら「給与なし、休職扱い」という条件で社内の仕事を少しずつ始めるのも方法の一つです。この通勤練習に慣れてくると、半日出勤に移ります。半日出勤では休職する前の業務の補助作業や単純な事務処理などを行うのが理想的です。半日出勤にも慣れてきたら、上司、産業医、主治医などに相談しつつ、通常業務に移るのが理想です。

それでも転職をしたいのであれば

復職ではなく転職を考えている場合でも、まずは元の職場でのリハビリ出勤で体を慣らしておくことが大切です。理由としては、“新しい環境”そのものが心理的な負担になり得るからです。「新しい環境に早く慣れよう、適応しよう」という心理的な負荷がかかり、その結果転職がうつ病再発の鍵になる可能性も十分にあります。

そうならないためにも、まずは一度元の職場へ復帰して、しばらく経ってから転職を考えるのがベストです。そのほうが負担が少なくすむ上、失敗のリスクも減らすことができます。なお、転職活動は長い目で見る必要があります。効率よく転職活動をするためにも、転職サイトなどを活用して「どんな会社なら転職できそうか」といった点をチェックしておきましょう。

まとめ

復職・転職はうつ病の患者にとって大切な節目です。症状の再発防止のためにも、患者の新たな一歩のためにも、以上の内容をふまえ、患者に寄り添って一緒に考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事