うつ病を受け入れられない家族にはどう接する?

うつ病に寄り添う

家族がうつ病になってしまったら、一刻も早く病院での治療を受けさせたいものです。しかし、病院へ行くのを拒む人は少なくありません。自身がうつ病になったことを受け入れられない人は、「私は病気じゃない」と頑なに病院へ行くのを拒みます。通院拒否をすれば、当然適切な治療が受けられないので、うつ病は悪化してしまいます。
そうならないためにも、うつ病の家族にどう接して病院へ連れて行くかを考える必要があります。今回は、うつ病になった家族の説得のしかた、通院させるまでの接し方を紹介していきます。

「病気」と断言せず、どれだけ心配しているかを真摯に伝える

「あなたは病気」と断言するのは逆効果

うつ病の患者は、最初のうちは自身の病気を簡単に受け入れられません。残念ながら「うつ病=弱い人がなる病気」という認識を持っている人はまだまだ多く、そういった人は通院を拒否することがあるため、うつ病の症状が悪化していきます。
かといって、本人の異常性を指摘して理詰めで説得しようとすれば、本人が過度に意固地になることもあります。そんなときは本人の異常性を指摘するのではなく、「自分がどれだけ心配しているか」ということを真摯に伝えることが大事です。

真正面から「あなたはおかしい、異常だ」と伝えるのではなく、「あなたが毎日辛そうでとても心配だ」と切り出してみましょう。このとき、さりげなく「調子が悪そうだが、何かあったのか」というように声をかけるのも効果的です。
また、精神的な症状を聞き出しにくいのであれば体調の話に持っていくのも方法の一つです。「食欲がないのは心配」、「眠れないのなら、一度内科に行ってみるのはどうか」というように、体調の話から相手の状況を聞き出し、病院へ連れて行きましょう。

それでも説得が難しいなら 

心配していることを告げても通院を拒否するのであれば、「条件をつける」こと、もしくは「第3者に立ち会ってもらう」ことも考えましょう。例えば、「1ヶ月経っても調子が悪いようなら病院へ行こう」、「次の仕事でミスをした場合は病院へ行こう」といった条件をつけましょう。

第3者に立ち会ってもらう際は職場の上司や担任の先生など、なるべく信頼できる人を選びましょう。その人には「業務に支障が出るから」といった事務的な対応ではなく、「上司として体調が心配だから、病院へ行ってほしい」、「これからも頑張ってほしいから、念のため受診してみてはどうか」といった親身な対応を求めるようにするのが得策です。

脅したり、騙したりして病院に連れて行かない

うつ病になってしまった家族を気遣うあまり、早急に病院へ行かせようとする人は多いのではないでしょうか。しかし、焦るあまり患者を脅したり、騙したりして無理やり病院へ連れて行くのは禁物です。

せっかく「心配だから」ということを伝えても、その後に「このままだと病気が悪化する」、「手遅れになる」というような発言をすると、患者に強いショックを与えてしまいます。
そうではなく、「評判のお医者さんがいるらしい」、「お医者さんに話せば楽になるのでは」というように優しく後押しするようにしましょう。

騙して病院に連れて行くことは、患者に強いショックと不信感を与えてしまいます。「信頼していた家族に騙された」、「皆が自分を異常だと思っている」というショックで余計に心を閉ざしてしまい、結果として症状の悪化にも繋がります。病院へ行く際は、どの病院でどの診療科目を受診するのか、ということをあらかじめ本人に伝えておくことが大事です。

まとめ

患者本人がうつ病を受け入れず通院を拒否する場合、家族も心配するあまり無理にでも病院へ連れて行こうと考えがちです。しかし、前述したとおり「あなたは病気だ」と断言したり、騙して病院へ連れて行ったりするのは逆効果です。大切なのは「いかに心配しているか」ということを真摯に伝え、病院へ行くことへの負い目を取り除くことです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事