うつ病で性欲が低下した夫に妻ができること

うつ病に寄り添う

うつ病には、「やる気が出ない」、「何をしても楽しくない」、「常に不安を感じる」など精神面での症状と、「眠れない」、「頭が痛い」などの身体面の症状があります。

身体面の症状の一つには、「性行為に対して興味がわかない」などの性欲低下があり、なかにはED(勃起不全)になる男性もいます。

もし、夫に性欲低下がみられたとき、妻は自分や夫を責めるのではなく、病気のせいだと割り切ることが大切です。ここでは、うつ症状で夫に性欲低下がみられたとき、妻がどのように接するべきかをご紹介します。

がうつ病を発症し性欲が低下してしまっても誰も責めてはいけない

夫がEDだからといって治療薬るのはNG

うつ症状では、性行為に興味がなくなるなどの「性欲低下」がみられることがあります。男性だと、ED(勃起不全)になる人もいます。EDを治療するには、「ED治療薬」を服用するのが一般的とされています。うつ病患者には、うつ病の治療をしながらEDの治療も一緒にする人も少なくありません。

ただ、ED治療薬は“性的欲求がありながらも勃起しないとき”に服用することで効果が得られる薬です。そのため、性欲低下がみられるうつ病患者がED治療薬を服用したからといって、必ずしもEDを改善できるとは限りません。

また、EDはうつ病の治療薬が原因で起きることもあると考えられています。うつ病の治療薬には、精神を安定させる「セロトニン」の分泌量を増やす作用がありますが、副作用として男性器の勃起力を低下させるなど男性器に影響が出ることが分かっています。そのため、うつ病の治療薬が原因でEDになったときにED治療薬を服用しても、必ずEDが改善されるとは言い切れないのです。

妻から夫にED治療薬を勧めるのは避けるべきです。

うつ病患者は、健常者と違い必要以上に自分を責めてしまう傾向にあります。そのため、妻からED治療薬を服用するよう勧められると、「自分のせいで妻が辛い思いをしている」などとプレッシャーに感じてしまい、さらにうつ症状を悪化させることになりかねません。

また、プレッシャーを感じてしまうとうつ症状だけでなく、EDも悪化してしまう可能性があります。EDは、性行為に関する焦りや緊張など精神的なことが原因で起きる病気でもあるため、プレッシャーを与えないよう夫に接することが大切です。

スキンシップやコミュニケーションを取る

夫に性欲低下がみられ、EDになったからといって妻は「私に魅力がないんだ……」と落ち込む必要はありません。うつ病だからしょうがないと考え、自分は夫に何をしてあげられるのかを考えてみましょう。

性行為ができなくても、キスやハグでスキンシップすることはできます。男性が満足感を得られるのは、性行為をすることだけではありません。女性が喜ぶ姿を見ることで、男性は満足感を得られるのです。

女性の多くは、性行為よりもキスやハグを好む傾向にあります。ですから、キスやハグでスキンシップをすることで妻も、妻の喜ぶ姿を見られる夫も満足感を得られます。

このとき妻は、夫に満足していることや嬉しいということを伝えるようにしましょう。

また、日常生活でも夫を褒め、感謝の気持ちを伝えましょう。

例えば外出できるようになったとき、「一緒に買い物に行ってくれてありがとう」などと伝えます。

このように、妻が隣に寄り添いサポートすることで、夫は感謝の気持ちを持つはずです。そうすることで、治療もより円滑に進められるようになります。

まとめ

うつ病からEDになったのは妻のせい、ということは決してありません。ですから、妻は、自分のことを責める必要はないのです。また、夫のせいだと責めるのも止め、病気が原因であることを理解しましょう。

大切なのは、夫婦間でスキンシップやコミュニケーションを密に取り、お互いの仲を深めていくことです。夫がうつ病を発症したら、妻が隣に寄り添い、サポートをしていくことが夫のうつ症状を改善できる近道となるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事