うつ病と日内変動|気分がよいときと悪いときの差が心を揺さぶる原因

うつ病に寄り添う

うつ病は、症状の現れ方に波があるとよくいわれます。日によって感じ方の差があるというだけではなく、1日の中でも気分の良いときと悪いときの差があるのが特徴です。このような感情の起伏はなぜ起こるのでしょうか。原因を知ることで起伏の幅を小さくできるかもしれません。

 

この記事では、うつ病で起こる日内変動の原因について解説します。

 

うつ病と「日内変動」の関係性

人は気分がひどく落ち込むと、物事に関心がわかなくなったり、集中力が続かなくなったりしがちです。もしも、原因がよくわからないまま眠れなくなったり、食欲がわかなくなったりしている場合は、うつ病を疑うようにしましょう。心や体の不調が一時的に現れて消えるのではなく、長く続いている状態がうつ病です。うつ病の症状といえるものは多岐に渡っており、関心が薄れたり集中力が低下したりする状態もその中の一部にすぎません。

 

一般的なうつ病の場合、落ち込みの度合いは一定ではなく、深く落ち込んでいるときと、軽く落ち込んでいるときが存在します。その際、1日の中で起こる気分の浮き沈みが日内変動とよばれるものです。うつ病の日内変動は、多くの場合、朝起きてから昼頃までは悪く、夕方近くなると少しずつよくなっていきます。そのため、時間帯によってはただのわがままやさぼりだと勘違いされがちです。特に、仮面うつ症が疑われるケースでは、注意深く反応を見なければ判断を誤ることにもなりかねません。

 

生活リズムが狂うと起こる睡眠障害

人間は、朝目覚め昼活動し夜眠るという生活を、無意識のうちにおおむね24時間周期で繰り返しています。「体内時計」と呼ばれるもので、目には見えませんが、人間の生活全般をコントロールしている大事な周期です。特に睡眠、覚醒のリズムは、体温調節やホルモン分泌にも影響するものなので、就寝時間や起床時間がずれたときには、朝日を浴びてずれたリズムを調整します。調整を行わないまま過ごしていると、自分では元に戻せないほどの大きなずれになってしまうため、生活リズムをこまめに整えることが大事です。

 

しかし、生活リズムを意識せずに過ごしているときは、就寝時間や起床時間のわずかなずれを深刻にとらえることはありません。微妙なずれを調整せずに過ごしているため、気付いたときには就寝時間、起床時間ともに大幅にずれて、自分の意思では必要なときに眠れない、起きられないという状態になってしまいます。就寝時間、起床時間共に後ろにずれる睡眠相後退症候群、逆に就寝時間、起床時間共に前にずれる睡眠相前進症候群、1日のサイクルが24時間以上あり、毎日時間がずれ続ける非24時間睡眠覚醒症候群の3つが睡眠リズム障害の基本形です。睡眠相後退症候群は思春期から青年期に、睡眠相前進症候群は高齢者に多く見られます。うつ病の患者の睡眠障害は少し異なり、寝つきが悪い「入眠障害」と、夜中や早朝に目が覚め、その後寝付けなくなってしまう「早朝覚醒」が典型的な形です。

 

体内時計のリズムを整える方法

概日睡眠障害は、体内時計の睡眠、覚醒のリズムと、明暗を感じるサイクルにずれがあると生じます。海外旅行で時差ボケが生じるのと同じようなメカニズムです。朝、目から明るい光が入ると、眠りを促進するメラトニンというホルモンの分泌が止まります。つまり、規則正しく同じ時間に朝日を浴びるようにすれば睡眠障害は防げるのです。逆に、日に当たる機会が減り、睡眠と覚醒のリズムをリセットできない生活が続くと、概日睡眠障害は起こりやすくなってしまいます。

 

概日睡眠障害の原因は、内的な要因と外的な要因があるので、整えるためには、要因を取り除くことが必要です。脳の損傷や、昼夜の周囲に関する感受性の低下といった内的な要因による場合は、脳の病気を治療したり、体内時計をリセットできるような行動をとったりするように心がけます。時差ボケや生活時間のずれといった外的な要因による場合は、行動を見直すことが不可欠です。睡眠、覚醒のリズムが整うと、脳がしっかりと働くようになるので、作業がはかどるのはもちろん、病気のリスクを減らすことにもつながります。

 

薬での改善は期待できる?

睡眠障害を訴えるうつ病の場合、抗うつ剤や睡眠薬が処方されますが、それぞれ目的が異なります。抗うつ剤とは、脳の環境を整えるために用いる薬です。セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなど脳内の神経伝達物質に働きかける薬なので、現れているうつ症状に対応する薬を選ぶ必要があります。一方睡眠薬は、脳を睡眠状態にするための薬です。脳内の神経伝達物質であるGABAの働きを強めることで神経の興奮状態を抑え、眠りにつかせるタイプが主流になっています。

 

抗うつ剤も睡眠薬も、症状に合うものを選んで服用することが大事です。自分の症状に合う薬を正しく選べないことも少なくありません。どの薬を選んだらよいか迷う場合や、薬の服用に不安がある場合は、病院を受診し、症状に合う薬を処方してもらうことが基本です。

 

気分の浮き沈みが気になるときは迷わず受診

うつ病は症状の日内変動があるのが通常です。珍しいことではありません。気分が良いときと悪いときの差が大きく、どのように対処すれば良いのか自分ではよくわからないというときには迷わず病院を受診しましょう。専門の医師が相談に乗ってくれます。辛い症状は放っておいてはいけません。症状に合う薬を処方してもらえば、快方に向かうことも期待できるのですから、まずは相談してみることが大事です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事