うつ病から仕事復帰するためにはどうすればいい?復帰へ向かうためのステップとは

うつ病に寄り添う

うつ病で休業していた人にとって、仕事復帰するタイミングに迷う人もいるでしょう。復帰するためには、人によって踏むべきステップやペースも異なる場合があります。

うつ病になった本人に寄り添う家族も、優しく背中を支えられるような関わりをすることが大切です。

この記事では、うつ病から仕事復帰するためのポイントをわかりやすく紹介します。

仕事に復帰をするときのタイミングはいつ?

うつ病で仕事を長期間休んでいた人は、仕事に復帰するときは焦らないことが最も大切なポイントです。責任のある役職や自身が担当していた仕事などがある場合には、一刻も早く職場復帰したいと考える人もいるでしょう。

しかし、うつ病で治療途中の期間は、デリケートな精神状態だといえます。

うつ病が完治しないうちに職場へ戻ったとしても、ストレスがかかることによってうつ病の症状を悪化させてしまうケースも少なくありません。つまり、うつ病は再発しやすい病気であるため、慎重に段階を踏んで仕事へ復帰する必要があります。

復帰への段階を踏むときに心得ておきたいのは、自身で復帰のタイミングを判断しないことです。仕事復帰のタイミングは、主治医に相談したうえで判断してもらうようにしましょう。

仕事復帰までに必要なステップとは

うつ病で自宅療養するときには、まず始めに十分な休養をとることが大切です。なぜなら、うつ病が発症したときには、多くのストレスから遠ざけて身体的にも精神的にも休息が必要な状態であるためです。

しかし、仕事の休養中は、昼夜逆転した生活に陥ってしまう人が多い傾向があります。そのため、最低限の生活のリズムを整えることは、うつ病の早期回復の支えにもなります。生活リズムを整えるときのポイントとして、起きる時間を決めることと外出する時間を決めることが挙げられます。

気分の落ち込みが大きい場合でも、1日のうち数分でも外を歩くようにしましょう。徐々に精神状態が落ち着いてきたら、積極的にウォーキングをしたり運動を取り入れてみたりするのも良いです。

仕事への復職を検討し始めたら、主治医へ相談するようにします。主治医から復帰可能であると判断されたら、職場へ仕事復帰する旨を連絡しましょう。

病院によっては、リワークプログラムと呼ばれる職場復帰への支援も行われていることがあります。人によっては、休養の期間が長くなる場合やリワークプログラムが必要ではないケースもあるでしょう。

職場復帰へ向けた家族の関わり

うつ病のため休養をしているときには、見守る家族は気持ちが焦ってしまうケースもあるでしょう。

しかし、最も気持ちが焦っているのは、休養している本人であることを理解する必要があります。うつ病の症状が重症である場合には、回復するまでに長期間要することを覚えておきましょう。

運動をすることなどを強要しても、症状が重度の人では無理な場合もあります。そのため、家族が接するときには、本人の回復過程を一歩下がって見守るようにしましょう。本人の意欲が回復してきたことがわかる時期に、運動や料理など一緒に楽しめることを誘ってみるようにします。

うつ病の家族をどう支えれば良いのかわからない場合には、自身で抱え込まないようにすることも大切です。周囲へ相談してみたり、本人が通っている病院の主治医へ相談したりする方法もあります。

うつ病の回復は長期戦になるものと心得て、家族がゆったりとした気持ちで支えられるようにしていきましょう。うつ病の回復期には、電車に乗って移動をしたり集中力が必要となる作業をしたりしても良いです。

本人の回復の過程に合わせて、家族が関わり方を考えるのは大切なことといえます。

うつ病の社員が復帰するときに企業側が気を付けるべきポイント

うつ病から復帰する社員のなかには、試験出勤に取り組む人もいるでしょう。試験出勤をする社員に接するときには、仕事を焦らせないようにすることがポイントです。復帰したばかりの社員は、久しぶりの職場で強い緊張感を感じているケースもあります。そのため、体調やメンタル面が悪化することも考慮して、あらかじめ対処法について検討しておくようにしましょう。

本人から訴えがない場合でも、客観的にみて明らかに体調を崩していることがわかる場合には休むよう声掛けをします。また、試験出勤の間は、負担の少ない業務を割り当てるなどの工夫も必要です。

主治医による試験出勤スケジュールがある場合にはスケジュールに沿って働くよう促し、身体的にも負荷をかけないことが大切です。企業側は、うつ病の社員が増加傾向であることやうつ病は再発しやすい病気であることを理解する必要があります。社員を鼓舞するような声掛けをするのではなく、抱えている悩みについて寄り添うような声掛けをしましょう。

集中力が欠如しているような場合には、無理をさせないようにするなど気を配る必要があります。

うつ病から仕事へ復帰するときには焦らないことが大切!

うつ病の回復過程は人によってさまざまですが、多くの場合には1カ月以上かかります。うつ病の症状が重度の場合には、復帰するまでに半年から1年ほど必要な場合もあるでしょう。

本人が職場復帰に向けて焦らないことは治療するうえで必要なことですが、家族が本人を焦らせないことも重要です。休養期間中には、本人と家族がゆったりとした気持ちでうつ病の治療に向き合うことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

おすすめ記事