すぐできるうつ病チェック

すぐ出来るうつ病チェックは簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS)に基づいて、自己基準の評価尺度で、うつ病の重症度を診断することができます。簡易抑うつ症状尺度は世界的に知られた精神科医John Rush先生によって開発され、世界10カ国以上で使用されており、アメリカ精神医学会の診断基準に対応しているという特長があります

全部で16問の質問に対して、今のあなたの状況に当てはまるものに
チェックを入れてください。

Q1寝つき

すぐ出来るうつ病チェックとは

うつの度合いを「簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)」を使ってチェックできます。QIDS-Jは、自分でできるうつ病チェックです。質問は16項目あり、4つの選択肢の中から最も自分に近い状態ものを選ぶことで、うつ病の重症度が判定できます。
ただし、このツールはあくまでも簡易的なチェックを目的とするもので、うつ病の診断を行うものではありません。うつ病の可能性がある場合には、医療機関へご相談ください。