仮病でもいいから会社を休んで、病院にいくこと

プロフィール
T.K
30代 男性
化粧品会社(社員10人)の企画営業として、2年目にうつ病を発症して、1カ月後に退職。心療内科で薬物とカウンセリングで治療を続け、半年で回復。現在はフリーランスとして、自宅で仕事をする日々。
お困りごと
仕事を休むきっかけ

震え、どもり、吐き気…どう考えても異常なのに会社を休めない

ぼくは働いていた会社の人間関係に悩みすぎて、少しずつ身体的な異常を感じるようになりました。

それまでは人と話すときに緊張なんかしたことが無かったのに、同僚と話すだけでも体が震える… 苦手な上司と話すときは吐き気をもよおす… 何をするにもやる気がでない…。
「これってもしかしてうつ病? でもまさか自分がなるはずはない……」。

インターネットで調べると「うつ症状」がバッチリ当てはまり、経験者から聞いていたそれとも合致する。自分でもうつ病であることには薄々気付いていながらも、まだ認めたくはない、そんな日々が続きました。
でも、さすがに隠せない状態まで進行したときに、家族の勧めで行った病院で告げられた病名は「うつ病」でした。

Fotolia_85084512_Subscription_XL

不安を抱え、人に怯えながら働くのは本当に辛い

うつ病になると、自分でも信じられないような状態になります。就業中なのに帰りたくなる、朝起きた瞬間に会社を休むことをまず考えてしまう、できるだけ仕事を引き受けないように消極的になってしまう、人との会話を敬遠して遠ざけてしまう。

当時は苦しくて苦しくて、自分のことだけで精一杯でしたが、今になって振り返ると自己中心的な考え方にならざるを得ないほど、いっぱいいっぱいの状態でした。
自分でもコントロールできないほどメンタルの調子が最悪なのに、きっちりと仕事ができるはずがありません。

そして、うつ病に苦しむようになると、対人恐怖症にもなります。
症状が進んでいくと「周囲の人、全員が自分のことを嫌っている」ように思えて、仲の良い同僚ですら遠ざけるようになりました。

会社で働くのであれば、人間関係はとても大切です。

一人で完結する仕事なんかないし、会議で誰かと議論したり、ちょっとした連絡ごとで人と話したり、取引先とメールや電話をすることもあります。
その全てが苦しいのです。
できれば誰とも話したくないし、接したくもない。でも仕事をするためには、それが許されない……。そんな当たり前のことに自分のメンタルは抗っていました。

うつ病のまま働き続けると、あり得ないミスを起こす

さらに症状が悪化してくると、オフィスに近づくだけで動悸が激しくなり、自分のデスクに座るだけで汗が止まらなくなりました。そんな状態のまま同僚たちと接すると、脚が震え、言葉はどもり、周囲から見ても明らかなほどおかしくなっていたように思います。

正常な判断力を失ってしまうと、通常であればあり得ないようなミスを連発するようになりました。

失敗するとさらに周囲の目が気になり、誰かがヒソヒソ話をしているのを見かけると自分の悪口を想像してしまう、そんな悪循環。今考えれば被害妄想なのですが、当時は本気で信じこんでおり、さらにふさぎ込んでしまったのです。

Fotolia_66460460_Subscription_XXL

有給休暇からでもいい。とにかく休むことが大事

うつ病になると「周囲に迷惑をかけるから、休むことはできない」と思い、そのまま働き続けて、余計に悪化してしまう人が多いですが、実はそのまま働き続けるほうがよっぽど迷惑をかけることになるのです。
ぼくはもっと早くに休んでいれば良かった、もっと早くに病院に行けば良かった、今考えれば心からそう思います。

「インフルエンザ」という理由であれば、会社に有給休暇を申請しやすい一方で、「メンタルの調子が悪い」ことは理由にしづらく、同僚たちにも知られたくないかもしれません。
ならば、仮病でもなんでもいいから、「体調不良」ということで有給休暇をとって休んでください。うつ病は何よりも早く休養することが大事なのです。「休むことは甘えだ」などと思わずに、異常を感じた時点で、とにかく休み、そして、なんとか病院へ行ってください。

自分がうつ病を経験してからは、メンタルの調子を崩した知人には、必ずそう伝えています。

メンタルと体さえ元気であれば、またいくらでもやり直せますから。
いまも毎日仕事をしながらそう実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事