以前の自分に戻ろうとせず、新しい自分を受け入れる

プロフィール
S.K 30代女性
仕事のストレスからうつ病を発症。診療内科、精神科への通院を始めるが、医師との信 頼関係が築けず通院治療を断念。発症の引き金になった仕事を退職後、ひきこもりになりかけるも、周囲の理解と支えを得て自己回復。
お困りごと
以前の趣味への興味消失

発症前の自分に戻りたいという

私の食欲が徐々に戻ってきていてうつ病の症状が快方に向かい始めた頃は、少し動くことも出来るようになっており、気持ちが前向きになるタイミングもありました。
その時に思ったのは、「また楽しいと感じたい」ということでした。生きることや社会に身を置くことに対して、何か目的が欲しいと思ったのです。
それから私は、また楽しいと思える自分に戻るために努力をするという大変な時間を過ごすことになりました。

私には趣味が沢山ありました。買物やおしゃべりなど友達と外に出ることも、映画鑑賞や手芸工芸などのインドアな趣味も。でも、うつの症状が出てからはその全てに感情が伴っていかない様な気持ちになりました。
無気力的で、自分の気持ちを上へも下へもコントロール出来ないような状態でした。気が付くと私は、何もせず部屋にこもってぼんやりと1日を過ごすようになりました。

そんな日々から1年ほど経って、周囲の支えもあり体力も感情もある程度の所まで回復してくると、「元の自分に戻りたい」と願うようになりました。
その一番手っ取り早い方法として、以前に没頭していた趣味を再開することにしました。
けれどそれは、自分が変わってしまったのだということを思い知らされるだけの行為でした。

楽しめなくなった自分に嫌悪感を抱く

私は自分の体調が少し良くなったことで、色んなことが上手く出来るはずだと思い込んでしまっていました。けれど、私の心はまだ“普通”ではなかったようです。少し良くなっていても、好きだったことに対して集中力を保つことは出来ませんでした。
うつを発症したばかりの頃だけだと思っていた集中力の欠如はその頃も変わっていなかったのです。
以前は何時間でも没頭出来ていたことが、ほんの数十分も続けられなくなってしまった自分に強い嫌悪感を感じました。
浮き上がっていた気持ちが一気に落ち込んでしまい、以前の自分はもうここにはいないんだと感じ、楽しいことすら楽しめなくなった今の自分が嫌で辛くてたまらなくなりました。

Fotolia_102776029_Subscription_XXL

まず思いついたことを実行してみる

以前の自分を失ってしまったことを知ったその時の私は、また落ち込むことが多くなりました。ただ、体力が少し戻っていたこともあり、力に任せて物を壊して捨てるようにもなりました。集めていたガラスの飾り物を割ったり、気に入っていた服にハサミを入れてボロボロにしたり、大変な自暴自棄になっていました。
「今の自分にはもう必要なくなったんだ」と思った物をゴミ袋にまとめて積み上げていくと、部屋は殺風景になりましたが、なんだか気持ちがすっきりしました。壊すまで至らなかった物は収納に仕舞い込みました。

ある日の朝、ゴミを捨てに行った時、久しぶりに朝日を浴びました。この頃の外出はほとんど、夜遅くにコンビニへの買物程度だったため、本当に久しぶりに朝、外に出たのです。朝日は眩しくて目を細めるくらいでしたが、すごく気持ちが良かったことを覚えています。
その時、特にどうしようと思った訳ではないのですが、ふらっと散歩をしました。すれ違うサラリーマンや学生はなんだかとても慌ただしく、主婦達も忙しなく自転車を走らせていて、時々私みたいなつまらなそうな人ともすれ違いました。
「朝には色んな人がいるんだな」。
それまで意識したことはなかったですが、なんだかとても新鮮な光景でした。それからは、少しずつですが昼間にも散歩に出るようになりました。

全く新しいことにこそ挑戦してみる価値がある

それからは物を壊すことはあまりしなくなりましたが、身の回りの整理は続けていきました。それまではもったいないと思ったり、まだ使えると思ったりして捨てられなかった物が、思いのほかあっさり捨てられたことが今となっては驚きです。

Fotolia_83842161_Subscription_XXL

ゴミを捨てた帰りは、遠回りをして散歩を楽しみました。
仕事をしていた頃は眺めることがなかった景色はとにかく新鮮で、私の心を切り替える手助けをしてくれたようでした。
時間を気にせず、やらなければと思わず、ただ気持ちが動くのに任せて過ごしていくことで新しい発見があります。
前の自分に戻る必要はない、新しい自分を見つければいいのだと思うと視野が広がります。
ぼんやり空を見ているだけでも、昼なら鳥を、夜なら星を見つけることが出来ます。それが新しい趣味や小さな楽しみに繋がったりもします。

私の新しい趣味は天体観測や散歩、料理などです。以前の私なら決して趣味にはしないであろうことばかりですが、今はそれでストレス発散や気分転換が出来るようになりました。

私は“人は変わっていくもので、変わってしまうことを怖がる必要はない”ということをうつ病から学んだような気がしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事