感覚で同時進行していたものを、一つずつ確認しながら行う

プロフィール
S.K 30代女性
仕事のストレスからうつ病を発症。診療内科、精神科への通院を始めるが、医師との信 頼関係が築けず通院治療を断念。発症の引き金になった仕事を退職後、ひきこもりになりかけるも、周囲の理解と支えを得て自己回復。
お困りごと
料理が上手くできない

何てことない料理が美味しくできない

私が仕事を辞めてすぐはほとんど何もしないで日々が過ぎていきました。トイレやシャワーに動く時以外はずっとベッドにいて、ぼんやりと外を眺めながら何もする気が起きませんでした。けれど、それから3カ月ほどして段々と何かをしなければならないと思い始めました。ですが、外に出ることには抵抗があり、仕事などには恐怖すら覚えました。せめて何か家で出来ることをやらなくてはと思い、料理をしようと考えました。

以前から時間のある時は夕食を作ったりしたことはあったので、苦労すること無く出来ると思っていました。依然と変わらない手順で作業をしたつもりでしたが、その日のご飯はとても水っぽく、炒め物はとてもしょっぱかったのです。
ご飯の水っぽさは自分でも箸を持ちあげた時点で分かりました。けれど、炒め物の塩気については後々家族から言われて気付いた程に鈍くなっていました。

Fotolia_104800317_Subscription_XXL 

臨機応変や習慣になっていたことも出来ない

何度か食事を用意していくと、自分でも以前のように順序良く作業が進められなくなっていることに気付きました。
また、食材に関してや材料と料理の相性などにも鈍くなっており、よく考えることもせず、まぁいいかというような気持ちでフライパンや鍋に適当に入れるような料理がほとんどでした。食材の火の通りもバラバラで火の通りきっていない野菜もあれば、原形を留めていないほど煮込んでしまったものなどが同じフライパンや鍋に入っているような印象です。

そして、調理中は下ごしらえをしている間に鍋に水を入れ火にかけておいたり、煮ている間に洗い物を済ませたりという複数の作業を同時進行で進めることがうまく出来ませんでした。
下ごしらえをしてから鍋を用意して余計な時間がかかってしまったり、洗い物に気をとられて煮物を焦がしてしまったり……。その度に自己嫌悪と苛立ちを抱え、今の自分がとても惨めに感じました。
以前に出来ていたことが出来なくなることは、思った以上にとてもショックなことでした。

確認を怠ることが自信の喪失に繋がった

ある日、消費期限の過ぎた肉を焼いてしまったことがありました。その時は、ラベルなどを見ることを忘れ、前からあった肉だと分かっていても臭いを嗅いだりすることもなく何も考えずに焼き、一口食べて酸っぱい様なもわっとした味で傷んでいたことに気付きました。

ここで、私の糸が少し緩んでしまいます。
何をやってもうまくいかない。
以前のように出来ない。
きっと何をしても今の私じゃうまくいかない。
もうダメになってしまったんだ。

頑張ってきたことが意味を持っていない気がして、すべて投げ出してしまいたい気持ちになりました。傷んだ肉をビニール袋に入れて処理しながら、少し泣いてしまいました。

それからまたしばらくの間、食べることに無頓着になりました。お菓子や飲み物でしのぐこともよくありました。また出来ない自分にショックを受けるよりはマシだと思ったのです。

タイマーや調理器具を活用し確認を怠らないこと

その後何日かして、アイスクリームを食べるために冷凍庫を開けた時に、ふと野菜や果物の冷凍商品の袋が目につきました。食べる時は温めるだけでいいそれらの食材は、とても使い勝手がいいと書いてありました。
私はそれを見て、これならば少しは私の料理がマシになるかも知れないと考えました。
肉や魚などの生ものはまず冷凍して腐らないように保存し、使う時に使う分だけ出すようにしました。そして、調理の際は袋の裏面などに書かれている煮る時間や水につける時間などをよく確認し、失敗しないようにタイマーをつけるようにしました。

以前は目分量で調整していた調味料も、レシピなどに書かれている分量通りに順番通りに入れることを意識し、使う食材もそれに合わせて用意することで見た目、味、共に失敗は目に見えて減っていきました。
用意した食材とタレを混ぜれば出来るようなレトルト商品は特別な手間がかからないので、特に重宝しました。
それでも一度に色々なことを始めてしまうと混乱してしまうことは同じだったので、時間がかかっても一つひとつの作業に時間をかけ、少しずつ進めていくことにしました。今では、レシピを眺める習慣が付いたことで、ある意味で以前よりもしっかりした料理を作れるようになっています。

Fotolia_87572072_Subscription_XXL

 

一つひとつの問題を解決していくようにする

以前にしていたことが出来なくなることはとても辛くもどかしいものでしたが、出来ないと感じた時から、また出来るようになるまでに沢山の改善ポイントがあり、それは自分を生き返らせるいいきっかけになりました。

時間がかかっても、また自信がついて、きちんとした物を食べることで体も健康に近付きます。一つひとつの問題に時間をかけて解決していくことで自分と向き合うことにもなるので今の自分を知り、新しい自分を手に入れるためにはとても重要な経験が出来たと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事