うつ病に対する理解が深まり、変わりつつある周囲の目

プロフィール
まめのすけ 30代 男性
受験勉強中の18歳で気分変調性障害を発症。動けないほど重症にはならないが、長く患うのが特徴で、以後うつ病歴18年。不都合を抱えながらも何とか生活を続け、最近は快方に向かっている。
お困りごと
事復帰後の周囲の視線

思った以上に普通に、温かく迎えられた復帰時のこと

うつ病から復職して2年。今では残業もかなり多く、昔以上に仕事をするようになりました。でも、復職してからずっと、周りは明るく普通に接してくれていたのですが、正直に言うと陰で何かを言われていたら嫌だな、と少し心配していました。そんな時、同じ課の同期がうつ病で休職になりました。その時の周りの反応は……。

Fotolia_102617429_Subscription_XXL

私は2年ほど前、5カ月間ほどうつ病で休職していました。原因は、自分が立ち上げた新規事業の業績の悪さに対する苛立ち、1日15時間以上休みもない労働条件などなど。しばらくは全く起き上がれない状況でしたが、徐々に症状は回復し、5カ月間の休職を経て復職しました。

会社の配慮もあり、復職初日、かなりドキドキしながら出社しましたが、周囲は思った以上にいい意味で普通でした。「おかえり~」と明るく声をかけてくれましたが、それ以外は普通に仕事モード。私の勤めている会社は上場企業で従業員数も3000人近くいるため、会社内に診療所があり、非常勤ですが心療専門の産業医もいます。その産業医の指示で復職当初2週間ほどは10:00-15:00の時短勤務でしたが、毎日遅く来て早く帰る自分に対して、「おはようございま~す」、「お疲れさまでした~」とこれまた明るい普通の反応です。

うちの会社の定時は9:30~17:45ですが、育児中の女性に対して16:00までの時短勤務が認められています。時短勤務を使っている社員は各部に1~2名とかなり多くいるのですが、その時短勤務の女性に対する態度と全く同じ反応です。私自身、時短勤務を使っている育児中の女性に「自分だけ早く帰ってムカつく」なんて全く思わないので、自分もそう思われていると実感できました。

同じ課の同期からの突然の「うつ病」告白

私の場合、会社側の配慮もあり、部長・課長以外にはうつ病であることは伏せて、皆には「肝機能障害による長期療養」と知らせていました。それでも「時短勤務の女性とは早く帰る理由が違うから」と、自分は陰で嫌味を言われているのかな、と少し心配な気持ちもはありました。みんな大人ですから態度は普通でも、本当の気持ちは分かりませんから。

そんな時、ある日同じ課の同期から「ちょっと話があるんだ」と声をかけられました。別室に移り、彼から「最近仕事のことを考えると心がチクチクする。心療内科に通っている。仕事上にも身が入らず、仕事上の判断ミスも多くなっている。朝起きるのもつらく、会社に来るのもつらい」と突然の告白。
びっくりしましたが、私も実は休職の原因はうつ病だったと話すと彼も驚いていました。私から、うつ病は心の病気だし、自分の元上司もうつ病で休職していた(元上司は自分で周囲に告白していました。)、産業医に相談し、症状が重くならないうちに休職して早く元気になった方がいい、とアドバイスをしました。彼はそれで少し安心したらしく、私のアドバイス通り、業務を引き継ぎ後休職しました。彼は現在もまだ休職中です。

うつ休養中の同期に対する周囲の反応

彼の希望もあり、課のメンバーにはうつ病で休職することが公表されています。(他の課のメンバーには親の介護での休職となっています。)私は初めてうつ病にかかった人に対する周囲の本音を聞くことができました。

彼がしていた仕事は同じ課の他のメンバーに振り分けられ、業務量はみんな増えたのですが、誰も文句は言ってません。課のメンバーで昼食を取っている時には「早く良くなるといいね」とみんなで心配をしています。私の上司(課長)は、「●●さん(私のことです)もうつ病だったけど、今は全然そんな風には見えないよね。彼も早く良くなるといいんだけど」と話しています。本音でみんな心配しているのが客観的に良く分かりました。

Fotolia_82358719_Subscription_XXL

復帰後の心配はしなくていい

私が入社したのは20年近く前のことです。当時、上司のパワハラでフラフラになっている先輩がいて、事務職が「○○さんは精神安定剤とか睡眠薬飲んでいるらしいよ。だから甘い匂いがするんだよ」とか根拠もない噂話をしていたのを聞いたことがあります。
しかし、現在では、うつ病はこころの病気で、誰でもかかる可能性があるし、きちんと治療すれば治るものだと多くの人が理解していると思います。うちの会社にも数年前「こころの相談室」というのができて、専任の心理カウンセラーが常勤しています。
今、うつ病と闘っている方は、治療に専念してください。会社の事情にもよるのかもしれませんが、大抵の場合は、みんなあなたの帰りを待っていますし、帰ってきたら普通に喜ばれ、今まで通り仕事ができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事