うつ病のあるある広場

うつ病のあるある広場一覧を詳しく見る

うつサポート講座

うつ病になったときのお金事情

うつ病治療サポートコラム

うつ病治療サポートコラムを詳しく見る

うつ病の傾向と症状

無料相談窓口紹介

無料相談電話アイコン

電話相談
電話相談の専門員が親身に相談に乗ってくれます。
ひとりで抱え込まずに、お電話ください。

無料相談メールアイコン

メール相談
電話が緊張される方や、落ち着いて言葉にしたい方はメールでの無料相談をおすすめいたします。
うつ病とは?
心の健康を保つためのエネルギーが不足してしまうとこの病気になってしまいます。普段通りならば、落ち込んでも簡単に立ち直れるのに、この病気になると上手く立ち直ることが出来ず、ずっと落ち込んだまま、塞ぎこんでしまいやすくなります。人の感情や心理を司っている脳の働きが、何らかの原因で弱まり、心のバランスが崩れてしまうことが直接の原因となります。
また、「病は気から」という言葉があるよう、身体の調子と心の調子は深い部分で繋がっており、憂うつな気分が長く続くと、食欲・睡眠欲・性欲といった基本的な欲求が減少し、身体の怠さ、頭痛や発熱などの症状として現れることもあります。
しかし、こういった症状を「甘え」「心の弱さ」と誤解されることが多く、無理に体を動かしたり、頑張ってしまうことで、余計に悪化させてしまうことがあります。
この病気は物事のとらえ方や、考え方次第で症状がよくなるわけではありません。正しい知識と、周囲への理解が大切となってきます。
原因
まだはっきりと解明はされていませんが、脳の働きが鈍くなり、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が上手く分泌されなくなる為だという説や、副腎皮質からコルチゾールが過剰に分泌されてしまう為という説があります。しかし、厳密な定義はまだされていません。
どうしてそのような状況に陥ってしまうのかについても、完全に解明されておりませんが、一般的には、ストレスや環境の変化、病気など、様々な要因が複雑に絡み合い発症すると考えられています。
その要因は2つに分けられており、ひとつは「環境要因」、もう一つは「身体的要因」とされております。これらは原因を特定する際の指標ともなっています。
病気になってしまった原因は何かのか、疑わしい原因を特定することは、治療においてとても大切なことです。症状を緩和して改善に向かわせるために、原因となるものを遠ざけることや、回避することが重要となります。そして、原因を特定すれば解決方法も明確になりますので、治療へのモチベーションにつなげることが出来ます。
治療
治療の方法に関しては、大きく3つに分かれており、「休養」「投薬治療」「カウンセリング」を経過観察しながら組み合わせて行います。
他の病気とはやや事情が異なり特殊なものと考えられがちですが、症状に合わせて適切な治療を行えば改善ができます。腕に傷を負ってしまったら、休養して傷を癒やすように、心のエネルギー不足を補うためには、十分な休養を取り、生活リズムを整えることが大切です。
またm生活環境がストレスの原因である場合には、環境を変えてみたり、ストレスの原因を生活から遠ざける方法もあります。
また、風邪を治す際に、風邪薬を飲むのと同じで、投薬治療で身体の治癒能力を高めることも効果的です。弱まっている脳の働きを回復させ、神経伝達物質の分泌を正常化させる抗うつ剤も、うつ病を克服する際に強い味方になってくれます。
脳の不調により、感情や心理をコントロールできにくくなっている時には、どうしても物事を主観的に考えてしまいがちです。そういった場合は、自分を客観的に見つめられるように、カウンセリングを受けるなどして思考パターンの改善をする必要があります。心と身体に向けたバランのとれた丁寧な治療が必要となってきますので、まずは、できるかぎり早期に治療を開始することが望まれており、そのためには心や身体が発するサインを逃さず気づくことが大切です。

鬱の症状とは?

病院で診断基準には9つの症状が記されており、どういった状態が見られるのか、
自分や家族で当たる点がないか確認してみましょう。

気分が沈んでおり、抑うつ気分である

  • ・ゆううつな気分
  • ・望みや希望がない
  • ・落ち込んでいる
  • ・悲観的

上記のように思い悩んだ状態が続いている。本人の言葉や、表情など今にも泣き出しそうであったり、憔悴しきった状態が一目見てわかる、周囲の人が気づく場合がある。午前中に重い症状が出ることが多く、午後から夕方にかけて改善する傾向があります。

何にも興味が沸かず、物事が楽しめない、興味や喜びがない。

今までに楽しんできた趣味や活動に、興味や喜びを持てなくなってしまった状態や「何をしても面白く感じない」「人と話すのが億劫、うっとうしく感じる」、「文字を読むのが辛い、集中できない」「ジムやスポーツが楽しくない、面倒に感じる」など、好奇心や関心、欲求が著しく低下する症状があります。周りからはさぼっている、怠惰だと勘違いされることもあります。

食欲の低下or増加、体重の増減、食欲の減退や増加、体重増減が見られる。

一般的には、鬱になると食欲が低下する症状が多く見られます。そのため、体重が急に減り、1ヶ月で数キロも落ちてしまうこともあります。何を食べてもおいしく感じない、お腹がすかないと言いながらも、食べなければと焦りをかんじるなどして、食べ物を無理やり押し込んむことで、過食症、拒食症などにつながることもありますので食事状況などは主治医にしっかり相談しましょう。

なかなか寝れない、夜中や早朝に目が覚めるなど睡眠障害が起きる。

鬱になると、不眠症状が現れることが多く、寝付きが悪くなるばかりでなく、夜中あるいは早朝に目が覚めてしまいがちです。特に、自分が起きるつもりではない早朝の時間帯に目が覚め、そのあと眠れないことで熟睡感がなく、体調悪化につながる場合と、反対に、夜の睡眠が極端に長い、あるいは日中も寝てばかりいるといった過眠になるケースもあります。生命を維持する上で欠かすことのできない食事と睡眠に異常をきたすことは大変危険ですので、こういった症状が現れた場合はこちらも主治医に相談しましょう。

動作や話し方が遅い、またはイライラしたり、落ち着きが無いなど、精神運動機能の障害が起きる。

体の動きが遅くなったり、口数が減り、声も小さくなるなど、周囲の人から見ても普段とは違うなと分かるほどの症状が見られる。また反対に、じっとしていられず、落ち着きなく体を動かしたり、歩き回るようなこともある、焦燥感を感じることもあります。焦燥感が強い場合は、本人はつらさを解消するための焦りからずっと話し続けるなどといった行動に出ている場合がありますので、表面的には元気に見えてしまいます。こういった場合は周囲の方の注意が必要になります。

疲労感や無気力感に襲われる、易疲労性、気力の減退の症状。

何もしていないのにひどく疲れを感じたり、体が非常に重く倦怠感を感じる症状が見られる場合があります。気力が低下して何もする気がおきず、歯を磨く、お風呂に入るなど日常的なことにさえ時間がかかってしまう、またはできなくなるなど、何とかしなければならないと気持ちは焦るが、どうしても出来ない状態に陥ることもあります。

劣等感や罪責感、など思い悩む状態が続く。

鬱になると特に何か理由もなく自分を過剰に責めたり、過去の些細なことを思い出しては思い悩むといった症状が見られる場合があります。自分を責めるあまり、「自分はこの世に必要がないからいなくなった方がよい」と思いこんで、自殺を考えたり、他人の失敗ですら自分の責任と感じるなど思い込むようになったりします。

仕事や家事に集中・決断することができない、思考力・集中力の低下が起こる。

注意力散漫になり、集中することができなくなるため、仕事や家事が以前のようにこなせなくなることがあります。また、決断力が低下するため、あれこれと考え込み、なかなか進められなくなります。このため、鬱の患者さんは悲観的な決断をして最終的に会社を辞めてしまったり、離婚をしてしまうことがあるので、周りの配慮が必要になります。

この世から消えてしまいたいと考えやすくなる、自殺念慮が起こる。

気持ちが沈むこと自体が辛く、死んでしまった方がましだと考える症状が見られます。鬱で最も気をつけなければならないのは、自殺です。気分が沈みきって何もする気力がない状態では、自殺をする気力も行動力もわきませんが、しかし、少し症状が良くなると、死にたいという感情から、すぐに実行に移してしまいます。治療の経過の中で死んでしまいたいという気持ちは、繰り返し患者さんの気持ちの中に湧きます。自殺念慮がある場合は、すぐに専門医の診察を受けること、そして主治医および家族など周囲の方との間で絶対に自殺はしないことを約束・監視することが重要です。自殺念慮が非常に強い場合は、入院して治療するしましょう。